コスプレイヤーえなこ『警視庁・捜査一課長2020』ドラマデビューは「とっても良い思い出」


コスプレイヤーのえなこが6月25日に放送の連続ドラマ『警視庁・捜査一課長2020』(テレビ朝日系)の第8話にゲストとして出演した。

2019年に『映画 賭ケグルイ』で女優デビューも果たしたえなこだが、ドラマに出演するのは今回が初めて。第8話では、被害者とトラブルのあった証券会社に勤める女性社員・西森ねず子を演じた。

放送同日に更新されたえなこのツイッターでは「収録が終わってしまうのが名残惜しくなるくらい皆さんが優しくて、とても楽しい現場だったのを今でも覚えてます」と撮影現場を回顧。「とっても良い思い出になりました」と感想をつづっている。

『警視庁・捜査一課長』ご視聴いただきありがとうございました!部下の西森役でゲスト出演させていただきました!収録が終わってしまうのが名残惜しくなるくらい皆さんが優しくて、とても楽しい現場だったのを今でも覚えてます☺️とっても良い思い出になりました✨#捜査一課長 pic.twitter.com/ffV1IQUbmM— えなこ (@enako_cos) June 25, 2020

(C)PPエンタープライズ

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ