ライアン・レイノルズ、ヒュー・ジャックマン参加の『X‐MEN』“再会”イベントに乱入

クランクイン!

2020/6/29 13:30

 これまでも、SNSで面白過ぎるいじり合いを行っているヒュー・ジャックマンとライアン・レイノルズ。今回は、バーチャルのチャリティイベントで、映画『X‐MEN』のキャストらを巻き込んで、ファン垂涎の楽しいやり取りが行われた。

現地時間27日、「Global Citizen:Unite for Our Future」のチャリティスペシャルが開催され、2000年公開の映画『X‐メン』出演のヒュー・ジャックマンとハル・ベリー、パトリック・スチュワート、ファムケ・ヤンセンが、ウェブ上で再結集した。

ヒューが、「正直なところ、ちょっとシュールだよ。『X‐MEN』の第1弾が公開されてからもう20年なんて信じられない」と、かつての共演者らとしんみりししていると、そこにご機嫌なライアン・レイノルズが登場。「ノックノック! ワーオ! スターがいっぱいだ!」と、オリジナル版に出演していないにも関わらず、ぐいぐい参加する。

ヒューが「ライアン、僕とキャストで、一緒に撮影した映画について思い出を語り合ってたところなんだ」とけん制するも、ライアンは『X‐MEN』シリーズに登場した他のキャストも招待したと明かし、何と『X‐MEN:ダーク・フェニックス』のソフィー・ターナーと、ジェームズ・マカヴォイが画面に登場。ソフィーは、ファムケが演じたフェニックスことジーン・グレイの若き頃を演じ、ジェームズはパトリックが演じたプロフェッサーXの若き日を演じている。

すると、登場したばかりのソフィーは、「『ゲーム・オブ・スローンズ』の再会スペシャルかと思ったわ」とあっさり去ってしまい、それぞれ『007』シリーズに出演しているハルとファムケは、「今ジェームズ・ボンドの再会企画があるのよ」「わたしも」と去り、さらに、ジェームズは「『スプリット』の再会企画が」、パトリックは「『スタートレック』」と次々去ってしまい、ついにライアンとヒュー、“因縁の二人”が残ることに。

「僕と君だけだね、ローガン。これは何の再会かな?」とライアンがにんまりすると、そこにそ『ウルヴァリン:X‐MEN ZERO』でヒュー演じるウルヴァリンの兄を演じたリーヴ・シュレイバーが登場。「『ウルヴァリン:X‐MEN ZERO』再会!」とご機嫌なリーヴに、一人ヒューがうなだれる展開に。『X‐MEN』ファンには堪らない、オモシロ動画になっている。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ