東京ディズニーランド&シー感染防止策公開、ミッキーたちもソーシャルディスタンス確保し挨拶<7月1日より運営再開>

モデルプレス

2020/6/29 13:47

【モデルプレス=2020/06/29】東京ディズニーリゾートでは、7月1日より東京ディズニーランド、東京ディズニーシー、両パークの運営を再開する。再開に伴い、新しい運営方法を実施。6月29日、その様子が公開された。

◆パーク全体



ゲストは入園の際に検温し、常時マスクを着用。また、列に並ぶ際などには、目印を設置し、ゲスト同士のソーシャルディスタンスを確保する。

エントランスやレストルーム、各施設に消毒液を設置しているため、手指消毒に利用するよう促す。

◆アトラクション



アトラクションは、グループごとに乗り物や座席の間隔をあけて運用を実施(※一部アトラクションは運営を休止)。

乗り物の手すりやセーフティーバーは定期的に拭き上げを行い、アトラクション利用後に使用できる消毒液を出口に用意する。

◆ショップ・レストラン



商品棚やテーブル、イスの定期的な拭き上げや、必要に応じて利用人数の制限を実施。さらに、レジ前にシールドを設置し、キャストは手袋を使用するなど、キャストの安全にも配慮する。

レストランでは、使用できるテーブルを制限し、メニューブックの代わりに、ゲスト自身のスマートフォンなどでメニューを確認できるよう二次元コードを用意する。

◆エンターテイメント



キャラクターとゲストとのふれあいを伴うグリーティングは休止とし、ソーシャルディスタンスを確保した上で、キャラクターがゲストに挨拶する(※鑑賞の際にはゲスト同士、十分な距離を確保)。

このほか、ゲストとキャストの健康と安全のための対策を徹底して運営。ディズニーホテルも対策を講じて営業再開する。(modelpress編集部)

※各施設での主な対応や休止状況は、東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイトにて。

【Not Sponsored 記事】

当記事はモデルプレスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ