あすは滝のような雨の恐れ 梅雨本番で金曜も大雨か 週間

日直予報士

2020/6/29 12:31

今週は度々大雨の恐れがあります。あす30日(火)から1日(水)は梅雨前線の活動が活発になり、九州から東海を中心に激しい雨や非常に激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。3日(金)頃も大雨となる恐れがあります。

●1日(水)にかけて大雨の恐れ

今週は梅雨前線の活動が活発になり、度々大雨となる恐れがあります。
きょう29日(月)は、近畿から関東は晴れて、梅雨の中休みとなっていますが、早くも西から雨雲が近づいています。九州では雨が降りだし、夜遅くなると激しい雨の降る所がありそうです。中国や四国も夜遅くなると所々で雨が降りだすでしょう。
あす30日(火)から7月1日(水)にかけては梅雨前線が本州付近に延び、前線上の低気圧が北東へ進む予想です。前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発になるでしょう。九州から北海道にかけて広く雨が降り、特にあす30日(火)は九州や中国、四国、近畿、東海、北陸ではバケツをひっくり返したような激しい雨や滝のような非常に激しい雨の降る所があるでしょう。大雨となる恐れがあり、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に注意、警戒が必要です。30日(火)の午後から1日(水)の午前中にかけては関東でも雨脚が強まるでしょう。風も強まり、横殴りの雨になる所もありそうです。

●また大雨の恐れ

その後、2日(木)頃は一旦天気が回復し、梅雨の晴れ間となる所が多いですが、3日(金)頃はまた本州の南岸沿いに梅雨前線が延び、前線の活動が活発化する予想です。九州から関東にかけて広く雨が降り、九州から近畿を中心に大雨となる恐れがあります。最新の気象情報にご注意下さい。
梅雨の最盛期となっており、今週は度々大雨となる可能性があります。「【特集】新型コロナと自然災害に備えて」も参考になさって、大雨への備えをなさって下さい。

●極端な暑さはなし でもムシムシ

今週末にかけて関東以西では30℃くらいまで上がる日はあるものの、所々で猛暑日(最高気温が35℃以上)となるような極端な暑さは今のところなさそうです。ただ、湿気が多く、ムシムシする日が多いでしょう。気温が極端に高くなくても、湿度が高いと汗が乾きにくく、熱中症になる可能性があります。こまめに水分をとるように心がけて下さい。
東北は気温の変化が大きく、4日(土)頃は梅雨寒になりそうです。体調管理にお気をつけ下さい。北海道の最高気温は22度前後の日が多いでしょう。

当記事は日直予報士の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ