風間俊介、ディズニー営業再開で“同志”に呼びかけ「夢と魔法の王国にコロナを持ち込まない気持ちが大事」

 俳優の風間俊介(36)が29日、日本テレビ系「ZIP!」(月~金曜前5・50)に出演。7月1日から営業を再開する東京ディズニーランド、東京ディズニーシーでの新型コロナウイルス感染拡大防止を呼びかけた。

 新型コロナ感染拡大の影響で、今年2月末から約4カ月間休園していた“夢の国”。番組では、営業再開を待ちわびたディズニーファンの喜びの声などが紹介され、ディズニーファンを公言している風間も笑顔を浮かべながらVTRを見守った。

 その後、同局の桝太一アナウンサー(38)から「ディズニーファンの1人としていろいろな思いがあると思いますけど」と水を向けられ、「僕ら訪れる人たちっていうのは、ディズニーパークの中では『ゲスト』と呼ばれるんです。なので、我々の世界からそこに遊びに行くという感覚」と説明。

 「夢と魔法の王国にはコロナウイルスはないと思うんですけど、僕らの世界にはあります。なので、僕らの世界から夢と魔法の王国にコロナウイルスを持ち込まない、あの世界を我々が汚さないという気持ちが大事なのかなと思う」と穏やかな口調で語り、「せっかく取れたチケットだけど、もし少しでも体調が悪いと思ったら…。その優しさを持ってもらいたいと思います」と体調不良時の来園自粛を“同志”たちに向けて呼びかけた。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ