小田急、箱根エリアの「エヴァ」コラボイベント延長 等身大フィギュア展示など

Traicy

2020/6/29 10:13

小田急小田急グループは、新型コロナウイルスの影響で一部休止していたコラボキャンペーン「エヴァンゲリオン×箱根 2020 MEET EVANGELION IN HAKONE」を9月30日まで延長する。

映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の公開に合わせたもので、当初は6月30日までの予定だった。延長にともない、7月1日から「第3新東京市スタンプラリー」を再開する。

また、同日からはスタンプラリーのスタンプ設置場所に隣接したエリアにキャラクターの等身大フィギュアを新たに展示。箱根強羅公園に綾波レイ、大涌谷駅売店に式波・アスカ・ラングレー」、元箱根港下船口に渚カヲルを設置する。さらに、大涌谷の景色とキャラクター達がコラボした垂れ幕を大涌谷駅の食堂前に掲出したフォトスポットを設置する。このほか、箱根ロープウェイ各駅で発売するチケットをエヴァンゲリオン仕様に変更する。

当記事はTraicyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ