野外でのバッテリー切れに備えて。大容量バッテリー「FREEK」シリーズがキャンペーン終了間近

1ce3bb15-71e9-4354-8fa3-a71a052c55e5
Image: graciayuji

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]より転載:

キャンプやアウトドア中のあるあるなお悩みといえば、スマホのバッテリー切れ。

対策としてモバイルバッテリーを持っていく人も多いと思いますが、防水性やバッテリー容量など、機能面を正しく吟味しましたか?

もし、今年の夏に向けてタフな物を探しているなら、machi-yaでクラウドファンディングを実施している20000mAhのモバイルバッテリー「FREEK」シリーズがおすすめです!

この記事では、支援期間が残りわずかとなった、同製品の特長や魅力をご紹介していきます。

20000mAhのバッテリー

1587573399229
Image: graciayuji

何よりも押さえておきたいのが、バッテリー容量。アウトドア中にモバイルバッテリーの電池が切れたら、本末転倒ですもんね。その点、20000mAhのバッテリーを搭載した「FREEK」は、安心。約2700mAhのバッテリーを搭載したiPhone Xなら、約7回は充電できる計算になります。これなら泊まりがけのキャンプでも、バッテリー切れを心配せずに行動できるでしょう。

4台まで同時充電可能

1587573400963
Image: graciayuji

屋外では、複数台を同時に充電したいケースもあるはず。「FREEK」はUSB Type- Aのポートが3つ備えており、USB2とUSB3は高速充電ポートとなります。

「早く返信したいのに充電が…」などといったシチュエーションで役立ちそうですね。また、ワイヤレス充電にも対応しているため、最大4台のデバイスを同時充電することが可能です。

LEDライト搭載で、夜間も安心

1587573401283
Image: graciayuji

明るさを3段階に調整できる高輝度のLEDにも注目です。これがなかなか明るくて、テント内の明るさを保つにも、十分な輝度があります。夜間、外を歩くときも使えそうですね。

ソーラーパネル搭載

1587573413769
Image: graciayuji

スマホを充電したり、ライトを使いすぎていると、いずれはバッテリーが切れてしまいます。でも、「FREEK」はソーラーパネルを搭載しているため、いざというときは太陽光で蓄電してしまえばOK。まさに、キャンプやアウトドア向けのモバイルバッテリーと言える理由がこれです!
1587573392845
Image: graciayuji

さらに、今回のクラウドファンディングでは、「FREEK ソーラーパネル」も用意されています。「FREEK」単体でも充電はできるんだけど、もう少しパワーが欲しいという方はこちらも一緒に支援するといいかも。

■ソーラーパネルを紹介した記事はこちら
3B1AA590-ADAC-4C82-B642-10DAAE141E65
Image: graciayuji

このソーラーパネルは、折りたたんで持ち運べるのが嬉しいポイント。単体でも使用でき、USBケーブルでスマホとつなげば、直接充電することも可能です。

キャンプやアウトドアに適したモバイルバッテリー

1587573418953
Image: graciayuji

キャンプは不便を楽しむのが醍醐味。…かもしれませんが、デジタルデバイスに慣れすぎてしまった今、バッテリーは常に確保しておきたいものです。いざというときの電源として、「FREEK」はきっと私たちを助けてくれるでしょう。少なくとも、「スマホの充電が切れても大丈夫!」という、心の余裕ができるはずです。


「 FREEKソーラーパネル」は、1つ7,293円(消費税・送料込み)、「FREEKソーラーパネル」と「FREEKモバイルバッテリー」のセットは、19,227円(消費税・送料込み)から支援が可能です。

プロジェクト開催期間は残りわずか。キャンプやアウトドアを楽しむときの頼れる相棒をお探しなら、ぜひチェックしてみてくださいね。

>>持ち運ぶ発電所FREEK。折りたためるソーラーパネル、20000mAバッテリー

Photo: 島津健吾

Source: machi-ya

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ