フワちゃんの台本に「あーだこーだ」とのセリフ、実は珍しくなかった!

アサジョ

2020/6/29 07:14


 YouTuber芸人としての人気のフワちゃんが、台本に書かれていた適当なセリフにセルフツッコミしてみせた。6月18日に「アイ・アム・冒険少年」(TBS系)と思われる台本の画像をツイートし、「なにこの台本」とコメントしたもの。

その画像が示していたのは、番組でフワちゃんの企画に移る場面。岡村隆史が「不破さんまた真面目に頑張ったんだ?」と質問し、それに答えるフワちゃんのセリフには「※あーだこーだ」とのみ書かれていたのである。

「ファンからは《あーだこーだって言っちゃえ!》といった反応が続出。《それだけ信頼されている証拠だよ》という応援の声もあるほか、なかには《これで台本って呼べるのか?》という疑問の声も。一般の視聴者は本物の台本を目にする機会はほとんどないでしょうから、驚くのも無理はないでしょうね」(テレビ誌ライター)

では制作陣はいったいどういった意図で「※あーだこーだ」という指示を出したのだろうか?

「バラエティ番組の台本ではトーク内容を出演者に丸投げする指示は珍しくなく、視聴者の《信頼されている証拠》との指摘は正解なのです。ただ普通なら『岡村さんに答えてください』といった指示になっていることが多く、さすがに『あーだこーだ』は珍しい(笑)。その後にはおそらく『岡村 フワちゃんのコメントに何か返す』といった指示が続いているはず。このようにバラエティ番組やトーク番組では出演者の裁量に任されている部分が多く、トークが盛り上がる場面では『良きところで次に』と進行のタイミングも出演者任せにしていたりするのです」(前出・テレビ誌ライター)

なお岡村が「不破さん」と呼んでいるのは決して台本の間違いではなく、わざとフワちゃんに本名(不破遥香)で呼びかけるというボケ。そういった仕掛けはきっちりと台本で固めているようだ。

(白根麻子)

当記事はアサジョの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ