いじめを受け不登校になった娘のために… 被害を公表して提訴した家族が話題に

しらべぇ

2020/6/29 09:20

(PRImageFactory/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
学校で起きたいじめは、学校に対処を頼む。そういった風潮が、少しずつ変わりつつある。このほどある被害者の家族も、法的措置を決意。いじめの全容も含めすべて公表したうえで、賠償金の支払いを求めている。

■陰湿ないじめ


2019年7月のこと、マレーシアにある学校で行われていた歴史の授業中に、男子生徒が16歳の女子生徒にちょっかいを出した。

ペンや丸めた紙を投げつけるという行動は、授業終了後にエスカレート。男子生徒はインクで汚れた手で女子生徒の顔につかみかかったほか、胸、腹、両脚を殴りつけ、乳房をつかむというハラスメント行為にも及んだ。

これら行為により、ターゲットにされた女子生徒は前胸壁、左の太もも、片目、片腕、さらには首を痛め、心にも大きな傷を負った。


関連記事:熊本市教育長の思いやりツイートが話題 「遠慮なく休ませて構いません」

■不登校になった少女


女子生徒の母親(52)によると、この日を境に少女は精神的に不安定になったという。

トラウマを抱え鬱状態になった少女は今も精神科に通っており、処方された薬を飲んでいるとのこと。また賢く活発な生徒だったにもかかわらず不登校になったことから、少女の家族は「暗い思い出から解き放ってあげたほうがいい」と判断。別の土地に移ったことを明かしている。

■家族が怒りの提訴


悪質ないじめ、学校の対応、さらには少女の状態を考慮し、家族は提訴を決意。「6月25日には加害者を含む少なくとも3名を提訴し、多額の賠償金と裁判費用の支払いなどを求めた」とメディアが大きく報じた。

家族と少女は「安全であるべき学校で被害を受けた」という点、また学校が速やかな保護者への連絡と加害者に対する対処を怠った事実を指摘。「陰湿ないじめを受けどれほどのダメージを受けたか世間に示したい」とも明かしている。

■変わりつつある保護者たち


学校で起きたいじめは、学校側に連絡し対処をすべて任せる。

そのような風潮が強かったものの「学校は加害者に甘い」という声も多くあがり、最近では保護者が加害者と直接接触しトラブルになったケース、また被害者の保護者が警察の介入を求め逮捕者が出たケースも報じられたばかりだった。

・合わせて読みたい→学校現場でマスクトラブル勃発中 文科省・各教委・現場の対応とは…

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ