不思議な挙動の猫を発見 不審に思った女性が、用水路の中を覗いてみると…

grape

2020/6/27 18:23

※写真はイメージ
富山県にある富山南署が、用水路に転落した高齢男性を救助した5人と、猫の功績を称えたことで話題となっています。

高齢男性の存在を知らせて救助のきっかけを作ったのは、会社員である新田知子さんの飼い猫『ココちゃん』でした。

救助が必要な人を発見した猫

2020年6月16日の午後7時半頃のこと。現場近くを散歩していた女性が、用水路の中をじっと見つめ、不思議な動きをしているココちゃんに気付きました。

視線を追ったところ、幅60㎝、深さ40㎝、水深15㎝の用水路に、高齢男性があおむけに倒れているではありませんか!

女性は自身の娘さんと、ココちゃんの飼い主である新田さんと2人の息子さんに助けを求め、計5人で高齢男性を救助。

高齢男性は、転落して用水路の中で身動きがとれなくなっていたそうです。

5人には感謝状が贈られ、ココちゃんにはキャットフードが贈呈されました。

産経ニュースには、飼い主の新田さんと署長のコメントが次のように紹介されています。

新田さんはココを抱きながら「救出につながり、よくやったと言ってあげたい」と笑顔。中田聡署長は「猫も交えた住人同士の絆が人を救った」と話した。人見知りだというココは、署長に頭をなでられると横を向いていた。
産経ニュース ーより引用驚きのニュースに、ネット上は大盛り上がり!

「ココちゃん、偉い!」「ココちゃんの様子に違和感を覚えた人もすごい」「なんて素晴らしいニュースだ」などのコメントが投稿されています。

人と猫の連携があったからこそ救えた命。

5人の行動はもちろんですが、何よりもココちゃんのお手柄をたくさん褒めてあげたいですね!


[文・構成/grape編集部]

出典 産経ニュース

当記事はgrapeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ