ジェシカ・シンプソン、圧巻ビキニショットに「もうすぐ40歳になるなんて信じられない」の声

シンガー、実業家として活躍中のジェシカ・シンプソンが、来月の40歳誕生日を控えて大胆なビキニ姿を披露した。第3子妊娠中に45kg以上も体重が増えたジェシカだったが、最近は見事に引き締まったボディを度々Instagramにシェアし称賛を集めている。

米時間26日、ジェシカ・シンプソンがInstagramを更新した。自身のファッションブランド「Jessica Simpson Collection」が展開するスイムウェアラインからカウ柄のビキニとカバーアップを着用し、黒のハットをかぶったセクシーなショットを公開したジェシカ、海をバックにポーズを決めるその姿に「30代最後の日々に、イヤッホー」と元気なメッセージを綴っている。

ジェシカはさらに自身のブランドのInstagramアカウントにも同じスイムウェアを着用したショットを掲載、こちらは砂浜の上で両腕を広げて立つ全身写真で、引き締まった自慢のボディを披露した。

NFL選手だったエリック・ジョンソンとの間に第3子を授かり、昨年3月に女児バーディー・メイ・ジョンソンちゃんを出産したジェシカだが、妊娠中はジャンクフードがやめられず体重が激増、その豊満過ぎるボディが度々話題を集めていた。3度目の帝王切開により誕生したバーディーちゃんは4900g超のビッグベビーで、ジェシカ自身は産後「妊娠中は240ポンド(約109kg)まで体重が増えた」ことを告白していたのだった。

出産後はジャンクフードともキッパリ決別し、1日1万2000~4000歩のウォーキングを実践するなどヘルシーな生活習慣をスタートさせたジェシカは、産後6か月の時点でなんと45kgの減量に成功。その後もみるみる痩せていき、いつの間にか引き締まったボディを見事取り戻していった。

ジェシカは来月10日に40代に突入するが、Instagramで公開された写真には現在、

「あと10日ちょっとで40歳になるなんて信じられない!!」

「妊娠中の姿が嘘のよう」

「ビフォー&アフターのギャップがすごすぎる!!」

「私もジェシカのように頑張ってビキニボディを手に入れる!」

といったコメントが多数寄せられている。

ジェシカは今年2月に出版した回顧録『Open Book』のなかで、自身の体重の変遷とそれに対する世間からのバッシングに悩んだ過去を激白しているほか、ボーイバンド「98 Degrees(ナインティーエイト・ディグリーズ)」のニック・ラシェイとの離婚、幼少期の性的虐待、またアルコールや薬物依存の過去を赤裸々に綴り、発売から14週間で5000万部近い(ハードカバー、Eブック、オーディオブックなどすべてのフォーマット合計)売り上げを記録した。

著書のなかで自身のダークな過去をさらけ出し、産後は45kg超のダイエットにも成功。まさに身も心も軽くなったジェシカ・シンプソン、40代もますますその輝きを増していきそうな予感だ。

画像は『Jessica Simpson Collection 2020年5月11日付Instagram「Last few hours to treat yourself with our biggest sale on watches!」、2020年6月26日付Instagram「Happy Birthday to our fellow Cancers!」』『Jessica Simpson 6月26日付Instagram「YEE-HAW to my final days in my 30’s」、2019年3月18日付Instagram「Jess-tation」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ