おぎやはぎ矢作、結婚を決めたのは大女優の助言 「誰でも一緒だから…」

しらべぇ

2020/6/28 15:00




27日放送『人生最高レストラン』(TBS系)におぎやはぎ矢作兼が出演。大女優からの助言で結婚を決めたと明かして、親友でMCの加藤浩次を驚かせた。

◼大女優の影響


矢作が芸人になる前から、20年以上の付き合いがある矢作と加藤。「話すことはもうない」と加藤が断言するほどよく見知った仲だ。

しかし、矢作が「45歳で結婚を決めた理由」については加藤も聞いていなかった。「なんで結婚したの?」と加藤が尋ねると、矢作は43歳頃に一緒に仕事をした大女優・樹木希林さんの影響があったと明かしていく。


関連記事:おぎやはぎ矢作、会見中の手越を見てひと言 「確かに」と共感の声

◼裏を返せば…


未婚だった矢作に「じゃあもう結婚できないわね。モノの分別のつく男に選べる女なんかいないわよ」と樹木さんは持論を展開。矢作は「裏を返せば『そうか、完璧な女性はいないんだ』って」理解したと振り返った。

「言い方は悪いけど誰でも一緒」と熱弁した矢作に加藤は「奥さん、気ぃ悪いぜ」と驚きつつ苦笑い。矢作は慌てて「それ以外完璧だけど1点だけ嫌だから結婚しないことがある」と解説する。

加藤は「全て完璧な良い人はいない。どこか悪いところはあるけど、それも含めてその人を愛そうってこと?」と矢作の主張を代弁。矢作は「俺が思ったことを全部言ってくれた」とそれに乗っかり感謝した。

◼視聴者も賛同


結婚のきっかけは人それぞれだが、矢作は樹木さんの言葉で結婚に踏み切った。

視聴者もこの矢作のエピソードに興味津々。「欠点のない自分にとって完璧な人はいないんだから誰と結婚しても同じだと言ってて、なるほどなと思った」「矢作さんが思ったことが、なんかいい話と思った、結婚てやっぱりそういうことなのかもしれない」と賛同する声が目立っていた。

■40代男性は最も「独身を謳歌」


しらべぇ編集部で全国10代~60代の男女1,798名を対象に調査したところ、矢作の該当した40代男性が最も「独身って良い」と感じていると判明した。



仕事の経験を重ねある程度の地位になっている、働き盛りの40代。生活に余裕があり、家族に縛られない独身生活を謳歌する人は多いようだ。矢作も樹木さんに出会わなければ結婚には踏み出さなかったのかもしれない。

・合わせて読みたい→矢作兼、渡部建の代打で出演した生放送に驚きの声 「違和感が…」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年12月13日~2019年12月18日
対象:全国10代~60代の男女1798名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ