霜降り明星せいや、大好きなあいみょんが文春記事を読んでいたら「ゲロ吐かれたんちゃうかな」

お笑いコンビ・霜降り明星のせいや(27)が26日深夜放送のラジオ番組『霜降り明星のオールナイトニッポン0(ZERO)』(ニッポン放送)で、18日に「文春オンライン」が報じたSNSで知り合った元看護師の既婚女性に通信アプリ「ZOOM」を使って下半身を露出した件について謝罪した。同時にせいやが大ファンのシンガーソングライター・あいみょん(25)から、前々回の放送で同番組への出演を承諾するコメントをもらっていたが、このような状況では「もうダメだわ」と意気消沈していた。

せいやは5月8日深夜の放送回で、女性の好きなタイプとしてあいみょんの名前を出すと「『マリーゴールド』や『ハルノヒ』の曲が好き」「顔も好き」と明かし、「めっちゃかわいい! あいみょん狙おうかな、彼女にします」と勢いで宣言、「スペシャルウィークにゲストに呼んで、歌ってもらおう」と夢を膨らませていた。すると放送後、あいみょんがツイッターで自分の名前を『霜降り明星のオールナイトニッポン0』で出してもらったことを喜び、「曲もかけていただいて、嬉しいなぁ。ありがとうございます。全然迷惑ちゃうし、めっちゃおもろかったです」とせいやに感謝したのだ。

そして6月12日深夜の放送回では、あいみょん本人から届いたメッセージが紹介された。「5月の放送でおよそ2時間にわたって、せいやさんが私を狙うという話をされていて」、「ずっと私の名前出してくれていて、ありがたいなと思いました」、「ぜひタイミング合えば、遊びに行かせてください」と彼女も同番組への出演を望んでいることが分かった。このメッセージを聞いたせいやは、「うわー! すげー!」「ぜひ来て欲しい」と大喜びしていたのだが…。

26日深夜の放送回では、“ZOOM”スキャンダルでこの先普通に恋愛ができるか心配だ―とこぼすせいやに、「お前にはあいみょんさんがおるがな」と粗品(27)が茶化し始めた。「名前を出すな」「もう出さないで」と慌てるせいやだが、もう自分たちのラジオにあいみょんは出てくれないだろうと諦めてしまっているようだ。なおも「いや、来てもらおうや。来てくださるって言ってましたよね、2週前かな」と畳み掛ける粗品に、「記事出る前はね…読んでるか分かんないけど」「(読んでいたら)ゲロ吐かれたんちゃうかな、ホンマに」と力無くせいやは答えていた。

文春の直撃取材を受けた後、せいやが相手の女性に送ったLINE「◯◯ちゃん、上白石モネちゃんに似てる」「上白石モネちゃんにそっくりで可愛い」と女優・上白石萌音(22)の名前が何度も出していたことから、彼女が流れ弾被害に遭ったと言われている。「ホンマにファンやったのに、こんな形で」「最悪! 最低! 全部俺が悪い」と、今回のスキャンダルで多方面に迷惑をかけたことをせいやはひたすら謝罪していた。

(TechinsightJapan編集部 みやび)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ