iPhone基本の「き」 第404回 常駐と一時利用でアプリが大きく変わるかも - WWDCで発表された「iOS 14」注目の機能


米国時間6月22日、Appleは初のオンライン開催となったWWDCを開幕。その基調講演にて、この秋リリースされる予定の「iOS 14」についても数々の新機能が紹介されました。アプリの使い方に大きな変化が訪れるかもしれません。

○ホーム画面が大きく刷新、カギはAppライブラリとウィジェット

まずはホーム画面の大きな機能追加です。今のホーム画面、何枚ありますか? 使いたいアプリはすぐ見つかりますか? そんな状態が大きく変えてくれそうな機能が2つあります。

ひとつは、アプリをカテゴリ別に自動で一覧表示してくれる「Appライブラリ」です。これは、iPhoneに入っているアプリを自動で分類しフォルダ表示してくれるものです。ホーム画面の一番最後(右側)に追加されます。

もうひとつは「ウィジェット」の強化です。これまで特定の画面にしか置けなかったウィジェットがホーム画面のどこにでも配置可能になり、表示もよりリッチになります。

さらに、同じ場所にウィジェットを重ね、切り替えて使える「スマートスタック」機能で、スペースを効率化しつつ必要な情報を適切なタイミングで活用することができます。

使用頻度の高いアプリはホーム画面1~2枚目にウィジェットで配置、たまに使う程度のアプリはAppライブラリから開き、ホーム画面は非表示にしておく…といった形で、操作の効率化が色々と工夫できそうです。
○使いたいその時だけダウンロードする「App Clip」

もうひとつ注目したいのが、アプリの新しい使い方「App Clip」です。これは、必要な時に必要な機能だけを即座に使うことができる、いわばアプリの"一時利用形態"と言えるものです。

WebサイトやQRコード、NFCチップ、またAppleが新たに設計したApp Clipコードなどから利用することができます。Apple IDでのサインインや、Apple Payでの支払いも可能です。

一時の利便性のために、そんなにいくつもアプリをダウンロードする気にはなれないものですが、この仕組みならそのハードルは低そうです。また、使用済みのApp ClipはiPhone本体には残りませんが、継続的に利用しそうなものがあれば、Appライブラリの使用履歴からアプリ本体(Clipでない)を入手できます。
○マップやメッセージなど、細部のアップデート

この他に追加されたいろいろなアップデートをピックアップしてご紹介します。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ