『キラメイジャー』キラメイシルバー登場記念「スーパー戦隊」のドラマを熱く盛り上げた追加戦士の歴史


●初の追加戦士・ドラゴンレンジャーとは

テレビ朝日系で放送中のスーパー戦隊シリーズ『魔進戦隊キラメイジャー』で6月28日に放送されたエピソード12「ワンダードリルの快男児」より、新たな戦士「キラメイシルバー」が登場した。

レッドは「ひらめきと想像力」、イエローは「eスポーツの名手」、グリーンは「最速スプリンター」、ブルーは「イケメンアクション俳優」、ピンクは「天才外科医」と、キラメイジャーはみな自分をキラキラと輝かせる"キラメンタル"の持ち主として、それぞれの才能を発揮しているが、「宝探し」をなりわいとする新戦士キラメイシルバー/クリスタリア宝路(たかみち)はどのような性格で、どんなキラメンタルを発揮するのか、それはこれからのエピソードにて明かされていくに違いない。キラメイシルバーがいかにして5人のキラメイジャーと深く関わり、共に力を合わせて戦う仲間となっていくのか、今後の展開に期待が持たれている。

キラメイシルバーのような、番組開始当初からのメンバーとは出自や目的の異なる「追加戦士」と呼ばれるキャラクターは、およそ1年間にわたって繰り広げられるスーパー戦隊のドラマにうねりを与え、活性化させるため、今や欠かせない存在になっている。ここでは、スーパー戦隊シリーズの「追加戦士」がいかにして生まれたのか、そのルーツを探ると共に、歴代シリーズにおける追加戦士のいくつかの変遷をご紹介してみたい。

スーパー戦隊シリーズにおける「追加戦士」の元祖は、第16作『恐竜戦隊ジュウレンジャー』(1992年)の第17話「六人目の英雄(ヒーロー)!」から登場した「ドラゴンレンジャー/ブライ」である。ジュウレンジャーの5人は1億数千万年前から現代まで長い眠りにつき、魔女バンドーラの地球襲来に備えていた正義の戦士たちだったが、ティラノレンジャー/ゲキの兄・ブライはとあるきっかけから弟に強い憎しみを抱いており、当初はジュウレンジャーに敵意をむきだしにして襲ってきた。ジュウレンジャーが5体の「守護獣」と共に戦っているのと同じく、ドラゴンレンジャーにもドラゴンシーザーという守護獣がおり、横笛のように扱って音楽を奏でられる短剣=「獣奏剣」というアイテムを用いて、意志を通わせることができる。

やがてゲキの命がけの説得によってブライの怨念が消え、強い兄弟愛がよみがえったため、大獣神の導きによってドラゴンレンジャーは晴れて「6人目のジュウレンジャー」として、共に悪と戦う仲間になった。しかし、そのときすでにブライの命は残りわずかであり、5人と別行動をとることを余儀なくされている。対立と和解を経て頼もしい味方になったものの、悲劇的な結末を迎えるブライのキャラクターは『ジュウレンジャー』のドラマを大いに盛り上げ、子どもたちから絶大なる支持を集めた。

ブライを演じたのが、シリーズ第9作『電撃戦隊チェンジマン』(1985年)でチェンジペガサス/大空勇馬役を務めた和泉史郎だったのも功を奏し、かつて『チェンジマン』のファンであり、7年の時を経て子どもと一緒に『ジュウレンジャー』を観るようになった若いお母さん層からの人気も熱く高まった。ドラゴンレンジャーの人気があったからこそ、スーパー戦隊シリーズのドラマを盛り上げる意味で、途中から「追加戦士」をレギュラー入りさせる手法が積極的に採り入れられるようになったのだ。

ドラゴンレンジャーは、5人のジュウレンジャーとシルエット的にはほぼ同じ「戦隊スーツ」姿でありつつも、胸のドラゴンアーマーや専用武器・獣奏剣、専用変身アイテム・ドラゴンバックラーなど独自の意匠が盛り込まれており、追加戦士ならではの"特別感"をかもしだしている。これは、最新の追加戦士・キラメイシルバーにも受け継がれている伝統的な要素である。

●スーパー戦隊「追加戦士」前史

「スーパー戦隊シリーズ」では、ドラゴンレンジャー以前にも「新たなる戦士」が登場するケースが存在していたが、そのほとんどが「メンバー交代」にともなうものであった。

第1作『秘密戦隊ゴレンジャー』(1975年)では、国際的平和組織イーグルで訓練を積んでいた「ゴレンジャー予備軍」の中から、特に成績優秀だった熊野大五郎が抜擢され、イーグル九州支部の教官となった初代キレンジャー/大岩大太に代わって第55話から二代目キレンジャーを襲名している。

メンバー最年少で血気盛んなミドレンジャー/明日香健二よりも経験が少ないながら、何事にも物怖じしない堂々とした性格の熊野はまさしく体当たりでキレンジャーとしての任務をこなしていたが、第67話で黒十字軍のカンキリ仮面と戦った際、名誉の戦死を遂げている。4人になったゴレンジャーの危機は、急遽かけつけた大岩大太がふたたびキレンジャーとして返り咲いたことによって無事回避された。

他にも第3作『バトルフィーバーJ』(1979年)ではミスアメリカ/ダイアン・マーチンの負傷によって汀マリアに交代(第24話)、そしてバトルコサック/白石謙作が戦死したことで先輩の神誠に交代(第33話)と、1年間に2度のメンバー交代が行われた。

第5作『太陽戦隊サンバルカン』(1981年)ではバルイーグル/大鷲龍介が、そのパイロットとしての優れた技術を見込まれてNASAへと転任(第23話)し、新リーダーとして飛羽高之がバルイーグルを務めることになった。新バルイーグルは剣道を得意とする飛羽の持ち味を活かし、バルカンスティックを日本刀にチェンジさせ、華麗な剣技でブラックマグマを震え上がらせた。

第8作『超電子バイオマン』(1984年)では、イエローフォー/小泉ミカがバイオキラーガンによって命を失った(第10話)ことにより、アーチェリーの名手・矢吹ジュンが二代目イエローフォーとして活躍した。500年前に「バイオ粒子」を浴びた地球人の子孫というのがバイオマンになるための絶対条件なのだが、バイオロボが戦士を探し始めたときジュンがどうして見つからなかったのか、その理由として「アーチェリー練習のため海外に行っていたので、バイオ粒子反応を感知できなかった」と説明されている。

初期のスーパー戦隊シリーズは、複数の変身ヒーローが5人(4人、3人の場合も)でチームを組んで戦うフォーマットであるため、メンバーの「交代」はあっても「増員」が意識されることはそれほどなかった。

4人のサイボーグ戦士が活躍する『ジャッカー電撃隊』(第2作/1977年)では、第23話から行動隊長ビッグワン/番場壮吉が派手に登場し、新武器ビッグボンバーをひっさげてジャッカーのパワーアップに努めたのと、第12作『超獣戦隊ライブマン』(1988年)で3人のライブマンを助けるべく、ブラックバイソン/矢野鉄也とグリーンサイ/相川純一が新メンバーとして参加し、第30話以降は5人で武装頭脳軍ボルトと戦うことになったのが、数少ない「増員」のケースである。

「戦う司令官」ポジションとしては異例なほどの目立ち方をするビッグワン、そしてライブマンになる勇介、丈、めぐみの亡き友人(卓二と麻理)の弟たちが復讐のために変身したブラックバイソン、グリーンサイは「(常に行動を共にする)レギュラーメンバー」の増員であり、後のドラゴンレンジャーから始まる「追加戦士」の系譜とは一線を画している。

「変身する司令官(レギュラー)」=ビッグワンの後継キャラクターとしては、『特捜戦隊デカレンジャー』(2004年)のデカマスター/ドギー・クルーガーや『宇宙戦隊キュウレンジャー』(2017年)のリュウコマンダー/ショウ・ロンポー司令などが挙げられる。

●戦隊を救った新戦士!
「スーパー戦隊シリーズ」では、巨大化した怪物と戦うヒーローたちが「巨大メカ」あるいは「巨大ロボット」を駆使して戦うのが大きな見どころとなっている。

『バトルフィーバーJ』のバトルフィーバロボや第4作『電子戦隊デンジマン』(80年)のダイデンジンなどは、1年間で一度も敵と戦って敗れたことのない無敵ぶりを誇っていたが、第10作『超新星フラッシュマン』(1986年)では、改造実験帝国メスの猛威によって、フラッシュマンの巨大ロボット・フラッシュキングが"大破"するというショッキングな場面が描かれた(第15話)。

大ピンチのフラッシュマンにとって救いとなったのは、フラッシュ星に伝説として語り継がれていた「英雄タイタン」の遺したトレーラー型の巨大メカ「フラッシュタイタン」だった。フラッシュタイタンはタイタンボーイとグレートタイタンという2種類の巨大ロボに変形するメカで、これに乗って地球へ飛来してきたのが、メスの裏切り者レー・バラキだった。

バラキは英雄タイタンの死のまぎわにフラッシュタイタンを預かり、100年もの間フラッシュマンにこれを託す日が来るのを待っていたという。見た目こそ怪人のようなレー・バラキだが、その魂はまさしくヒーローと同じもの。バラキはメスの攻撃によって倒されてしまったが、彼から譲り受けたフラッシュタイタンはフラッシュキングと並んでフラッシュマンの頼もしい仲間となり、メスの魔手から地球の平和を守り通した。

スーパー戦隊に新たなメカ、巨大ロボットをレギュラーメンバーへと"託す"ために来たキャラクターとしては、第14作『地球戦隊ファイブマン』(1990年)でスターファイブと共に地球へやってきた「宇宙の暴れウルフ グンサー」や、第15作『鳥人戦隊ジェットマン』(1991年)で裏次元ディメンシアからジェットガルーダに乗って現れた3人の戦士(レイ、カンナ、ダン)がいた。彼らは"スーパー戦隊の最大の危機を救いに現れる"という最高のシチュエーションもあり、いずれも強い印象を残している。

先の『超獣戦隊ライブマン』でのブラックバイソン、グリーンサイも新メカ「バイソンライナー」「サイファイヤー」が合体した巨大ロボット「ライブボクサー」に乗ってライブマンに合流したキャラクターといえる。スーパー戦隊のさらなるパワーアップに貢献した新ヒーローというカテゴリーには、『恐竜戦隊ジュウレンジャー』のドラゴンレンジャーも入っており、ドラゴンシーザーが大獣神と合体して「獣帝大獣神」に、そしてキングブラキオンとの合体で「究極大獣神」が完成する。ドラゴンレンジャーは、それまでの「新メカ・新ロボをもたらしたキャラクター」の新しい形であり、発展形だったということができる。
○激レア新戦士

これまで述べたように、『恐竜戦隊ジュウレンジャー』でドラゴンレンジャーが登場するまでのスーパー戦隊は、初めから終わりまでメンバー編成が大きく変動することはまれであった。そんな中でも、イレギュラー的に出現した「幻の"追加戦士"」と呼ぶべきキャラクターが存在する。ここからはそんな"レア"な戦士たちをご紹介しよう。

『超電子バイオマン』は先に述べたように、500年前にバイオ粒子を浴びた若者たちの血をひく者しかバイオマンになれないという条件があった。第35、36話に登場した山守正太(演:黒崎輝)は山で育った野性児で、超人的な身体能力を備えた明るい若者。山でジュンに一目惚れした正太は自分もバイオマンのように悪と戦いたいと願い出るが、彼の肉体からはバイオ粒子反応がなく、仲間入りを拒絶されてしまった。悔しさを隠せない正太は新帝国ギアに操られ、邪悪な「マグネ戦士」に変貌してバイオマンを攻撃することになるのだが、出自や立ち位置の異なる者でも「追加戦士」として認められる近年の「スーパー戦隊シリーズ」ならば、正太も見事「6番目の男」となって一緒に戦うことができたのではないかと思うと、いまさらながら残念な気がしないでもない。

第11作『光戦隊マスクマン』(1987年)の第39話「復活!謎のX1マスク」では、マスクマンのプロトタイプ「X1マスク」が1度限りの登場を果たしている。赤、黒、青、黄、桃のマスクマンカラーと被らない「緑」のスーツに身を包み、目と鼻と口が造型された『バトルフィーバーJ』を思わせる仮面を被ったX1マスク/飛鳥リョウは、たった1回だけとは言わず、もっと活躍してほしかった名キャラクターだった。

第13作『高速戦隊ターボレンジャー』(1989年)のレッドターボ/炎力たち5人の高校生は、子どものころ「妖精」の光を浴びたことにより、ターボブレスを用いてターボレンジャーへと変身することができる。しかし第43話「6人目の戦士!」では、彼らと同じく妖精の光を浴びていた同級生の山田健一がブルーターボ/浜洋平のブレスを盗み、ブルーターボになるという珍事件が起こった。山田にはターボレンジャーになる条件こそそろっていたが、基礎的な運動能力が不足している上に、戦士として必要な"勇気"が欠けていた。このことを痛感した山田は、最終的にブレスを洋平に返して普通の高校生に戻っている。

『鳥人戦隊ジェットマン』では第40、41話の前後編エピソードにて、密かに戦闘訓練を積んだ実力者だけで構成された「ネオジェットマン」が登場し、変身不能になったオリジナル・ジェットマンに代わって次元戦団バイラムと戦う姿が描かれた。

しかし、戦士の自主性を重んじるジェットマンの小田切長官とは対照的に、戦士たちを消耗品としかみなしていない非情な一条総司令の下で任務にあたるネオジェットマンの5人は、本来の能力を発揮しきれていないまま前線から撤退。ふたたびジェットマンに地球の守りを託すようになる。「正規のスーパー戦隊の存在をおびやかすライバル戦隊」という魅力的な設定を持つネオジェットマンもまた、スーパー戦隊ファンにとって忘れられないキャラクターとなりえた。

長い歴史を誇る「スーパー戦隊シリーズ」だけに、初の「追加戦士」ドラゴンレンジャーが登場してからも、追加戦士とは異なるポジションでいくつかの戦士たちがレギュラーメンバーの支援を行うさまざまなケースが見られた。『行って帰ってきた烈車戦隊トッキュウジャー 夢の超トッキュウ7号』(2015年)のトッキュウ7号/(元)車掌や、『帰ってきた手裏剣戦隊ニンニンジャー ニンニンガールズVSボーイズ FINAL WARS』(2016年)のミドニンジャー/九重ルナのように、Vシネマや映画作品のみに登場したスペシャルな戦士たちの活躍も、ここに特筆しておきたい。

●追加戦士の"無限の可能性"
ドラゴンレンジャーが道筋を示した「追加戦士」というキャラクターは、スーパー戦隊シリーズそのものをいっそう活性化させ、ドラマチックに盛り上げる効果を果たした。

『恐竜戦隊ジュウレンジャー』に続く第17作『五星戦隊ダイレンジャー』(1993年)では、小学生のコウが"転身"する吼新星キバレンジャーが第17話より登場。彼は相棒となる「白虎真剣」の助けを借り、キバレンジャーとなってダイレンジャーの5人(特に、ホウオウレンジャー/リン)と深く関わっていく。

レギュラーメンバーとの年齢差によって、立ち位置の違いや個性を打ち出したキバレンジャーの方向性は、第21作『電磁戦隊メガレンジャー』(1997年)のメガシルバー/早川裕作などにも受け継がれた。裕作の場合は高校生戦隊のメガレンジャーよりも「年上」の科学者で、何でも気さくに話せる優しい"兄貴分"というポジションだった。

レギュラーメンバーと比べてもキャラクター設定の自由度が高い「追加戦士」は、まさに無限の可能性を秘めていると言ってもよいだろう。

第18作『忍者戦隊カクレンジャー』(1994年)には「ニンジャマン(怒るとサムライマンに変化)」、第20作『激走戦隊カーレンジャー』(1996年)にはシグナルマン、第22作『星獣戦隊ギンガマン』(1998年)には黒騎士/ヒュウガ、第23作『救急戦隊ゴーゴーファイブ』(1999年)には人工知能を備えた巨大ロボ・ライナーボーイなど、戦隊スーツの形状を取らない自由なスタイルの「追加戦士」も多く登場している。

第19作『超力戦隊オーレンジャー』(1996年)では6億年前の超古代(少年)戦士キングレンジャー/リキがオーレンジャーの仲間となり、第25作『百獣戦隊ガオレンジャー』(2001年)では千年前に邪悪な鬼「オルグ」と戦っていたガオシルバー/大神月麿が現代によみがえり、活躍した。ガオシルバーは当初、狼鬼(ロウキ)としてガオレンジャーの強敵ポジションにいたが、邪気から解放されたのがきっかけとなり、本来のシルバーに戻ることができた。このように、レギュラーメンバーと「生まれた時代」や「戦う使命」などが異なっているのも「追加戦士」ならではのポジショニングだといえよう。

第27作『爆竜戦隊アバレンジャー』(2003年)のアバレキラー/仲代壬琴は、最強の戦士でありながら正義感が恐ろしいほどに希薄で、番組終了間近までずっとアバレンジャー最大の難関として、彼らの行く手を何度も阻んだ。アバレンジャーの仲間というより「敵」としての印象が非常に強い、変わり種の追加戦士だった。

これらの他にも、歴代スーパー戦隊シリーズにおける「追加戦士」はさまざまに趣向を凝らした魅力的なキャラクター設定が与えられ、レギュラーメンバーと時にぶつかりあい、時に心を通わせながら、巨大な悪に立ち向かっていった。出身地や年齢、使命、立場などの"違い"を十分に活かし、レギュラーメンバーとの関係性を深めて悪の軍団に挑む「追加戦士」は、各作品それぞれに強い個性と魅力を有している。最新の追加戦士・キラメイシルバーにも、ファンからの大いなる期待が寄せられているのだ。

(C)2020 テレビ朝日・東映AG・東映

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ