見た目のコンプレックス、どう解消する? 自分の容姿を受け入れるための考え方

fumumu

2020/6/28 08:00

悩む女性(Kittiya/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
体型の悩み、目鼻立ちの悩み、髪質の悩み…。ポンポンと出てくる容姿のコンプレックスを、どうすれば解消することできるのでしょうか?

自分の容姿を受け入れるための考え方を、fumumu取材班が聞いてきました。

(1)あえて引き立たせる


「自分がコンプレックスに思っている部分を、あえて引き立たせるのもアリだと思います。私は、ずっと大きな口が嫌いで、唇を小さく見せるメイクばかりしていたんです。


ある日、友達に『ふっくらした唇でかわいいのに』と言ってもらえて、思い切ってリップとグロスでメイクのポイントを唇にしてみたんですよね。


そしたら、周りにものすごく褒めてもらえました。自分では欠点だと思っていたところが、人にも欠点に見えているわけではないんだなと思いましたよ」(20代・女性)


関連記事:すべてにケチを付けてない? 否定する癖を直す方法3つ

(2)人間関係を見直す


「見た目のコンプレックスを刺激してくる人が周りにいるなら、人間関係を見直してみてもいいと思います。自分が気にしていなかったところでも、周りに指摘され続けると、どんどん気になってしまいますよね。


私も、周りにトゲのある人がいたときは、自分に自信がなかったんです。『ちょっと太った?』『今日肌荒れしてるね』って、いちいち言ってくるんですよ。環境が変わって、周りがやさしい人ばかりになってからは、むしろ褒めてもらえることが増えました。


体型のコンプレックスを話したときも、『逆にスタイルいいと思ってた!』と驚かれたことも。自信をえぐってくる人から離れるだけで、コンプレックスが解消する可能性はあると思います」(20代・女性)

(3)親しい人に話してみる


「周りに相談できる人がいるなら、思い切ってコンプレックスを話してみるのもひとつの方法だと思います。


自分がコンプレックスだと思っているところも、周りから見たらまったく気にならない場合もありますよ。客観的なアドバイスをもらって、コンプレックスを改善できることもあると思います。


自分だけで抱えていると、どんどん悪い方向に考えてしまいますからね。第三者の視点を入れることで、冷静に判断できるんじゃないでしょうか」(20代・女性)

ひとりでコンプレックスを抱え込んでしまうと、身動きが取れなくなってしまうかもしれません。

信頼できる人に相談して、新しい視点を得ることも大切ですね。

・合わせて読みたい→「私なんて…」自分を否定する癖を直したい! 卑屈な考え方から脱出するには?

(文/fumumu編集部・くまのなな)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ