直毛だった少年、9日間の昏睡状態から目覚めた後はカーリーヘアに!(英)

過去には昏睡状態から目覚めると母国語以外の言葉を話すようになるなど思わぬ才能が開花した人もいたが、このほどイギリスで14歳の少年が昏睡状態から目覚めた後に、直毛だった髪がカーリーヘアになったことで話題になっている。『Metro』『ITV』などが伝えた。

イングランドのカンブリア州にあるエデン川で昨年2月26日、当時13歳だったカクペル・クラウゼ君(Kacper Krauze)は友人2人と一緒にボートでパドリングを楽しんでいた。しかし2月の寒い時期だったせいか、カクペル君は気分が悪くなりそのまま川へ落ちてしまった。

冷たい水の中でショック状態に陥ったカクペル君は、そのまま川底へと沈んでしまった。レスキュー隊が川から引き上げて救出するまでカクペル君は25分間も沈んでいたため、心肺停止状態となっていた。一刻を争う中、救急ヘリコプターで病院へと搬送されることとなった。

搬送中に救急救命士らがAED(自動体外式除細動器)で4回ほど電気ショックを与えたところ、カクペル君の心拍がかすかに戻ったという。そして病院に無事到着し治療を受けることができたカクペル君だったが、数日間は昏睡状態が続いた。

カクペル君の母親のウィオレッタ・クラウゼさん(Wioletta Krauze、43)と父親のマレックさん(Marek、51)は、変わり果てた息子の姿に悲しみに暮れていた。しかし医師や看護師から、カクペル君を昏睡状態から目覚めさせるために本人が好きな歌を聴かせたり、話しかけたりするようにアドバイスされ、2人はありとあらゆることを試みた。

『ITV』によると、カクペル君が昏睡状態になってから9日目のこと、ウィオレッタさんはカクペル君が愛用していた制汗剤「LYNX」を彼の右腕にスプレーした。するとお気に入りの匂いがカクペル君を刺激したのか、目を開けて昏睡状態から生還したのだった。

当時、メディアはこのカクペル君の“奇跡の目覚め”を一斉に報じた。それから1年以上が経ったが、再びカクペル君が注目を集めることとなった。

昏睡状態から目覚めたカクペル君は現在14歳となり、事故から1年が経っていた。彼は心肺停止状態の時に脳へダメージを受けたことで、うまく歩くことも会話することもできず、右手の震えが止まらない状態だった。しかしこの1年間にリハビリを重ねて、順調に回復しているようだ。

だがウィオレッタさんには、カクペル君について不可解なことが1点だけあった。カクペル君の髪の毛は直毛だったが、昏睡状態から目覚めた後にカーリーヘアに変わったというのだ。ウィオレッタさんは次のように話している。

「事故の前までカクペルの髪は直毛だったんです。ところが今はカーリーヘアになっていて、なんだか不思議な感じです。でもまあ、そんなのは全然いいんですけどね。」

現在、何種類かの薬を服用しているカクペル君だが、医師からは「最終的には全ての薬が必要なくなる」と言われており、将来的に薬の助けを必要としない状態まで良くなるようだ。またリハビリによって、今では短時間であるものの学校に通うことができるまでに回復している。

ちなみにカクペル君を昏睡状態から目覚めさせてくれたLYNXの制汗剤は、今や彼にとってお守りになっているという。

画像は『Metro 2020年6月23日付「Boy’s hair turns curly after being woken from coma by smell of Lynx」(Picture: North News & Pictures Ltd)、2019年5月27日付「Schoolboy wakes from three-week coma after smelling favourite Lynx deodorant」(Picture: North News)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ