江原啓之「私もあなたと同じで“普通ではない”…それは“個性”」持病を持つリスナーの素朴な疑問に答える

TOKYO FM+

2020/6/28 06:30

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。今回は持病を持つリスナーの素朴な疑問に“ことば”を届けました。


◆持病を持つ自分の“普通”と周りの“普通”は違う…
「私は中学1年生のときに、起立性調節障害という病気と診断され、今では不登校です。ある日、友達から“体調大丈夫?”と聞かれ、私は“頭痛と吐き気が少しだけだから大丈夫!”と答えると“その体調、普通じゃないよ! 本当に大丈夫?”と言われました。そのときに私は特に何も思わず“大丈夫だよ!”と答えましたが、あとからその会話を振り返ったときに、“普通ってなんだろう?”って思いました。

私は、頭痛と吐き気のする毎日が、今では普通で当たり前になっています。でも確かに周りから見ると、私の体調は普通じゃないのかもしれない。そう考えると、人によって普通という言葉の意味は違うのか? いや、辞書で意味を調べるなど自分なりに考えてはみたものの、“これだ!”という答えを今はまだ出すことができていません。

江原さんは普通ってなんだと思いますか? また、どんな意味だと思いますか? 素朴な疑問ですが、答えていただけると幸いです」

◆江原からの“ことば”
「一般的に“普通”というのは、統計学などで“多くの人たちがそうであるから”という多数決票に近いものではないか。体調におけることで言うならば、“普通”ではなく“正常”と言えるかもしれませんね。“正常”の場合は、痛みや吐き気はない。そういうならば、私もあなたと同じで、小さいころから“普通ではない”のです。普通の人たちが見えないモノが見えていたりする。だけど私にとってはそれが普通。私はそれが“個性である”と思うので気にしません」

◆江原啓之 今宵の格言
「今は更地。1から夢を築きましょう」
「独創的な人生が肯定されるのは喜びです」

番組では、江原に相談に乗って欲しい悩みや感想、メッセージを募集しています。こちらにどしどしお寄せください。

<番組概要>
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM 大阪 毎週日曜 22:00~22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/

当記事はTOKYO FM+の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ