ピンクトップスコーデ【2020最新】大人可愛いが叶うレディースファッション

folk

2020/6/27 23:20

大人可愛い!ピンクトップスコーデ特集


女性らしさあふれるピンク。大人のレディースコーデにもどんどん取り入れていきたいですよね。でも、かわいくなりすぎるのが気になってなかなかチャレンジできない大人女性も少なくないと思います。

そこで今回は、大人のレディースコーデにもピッタリのピンクトップスコーデをいくつかまとめてご紹介したいと思います。季節別にご紹介するので、ぜひ最後までチェックして自分に合う服を探してみてください。

春のピンクトップスコーデ

ピンク×白で春に合う服


[URBAN RESEARCH DOORS] リブボートネックニット

zozo.jp

ピンクトップス×白ボトムの組み合わせは、春ならではの甘めなレディースファッションを作ってくれます。

ワイドパンツを使ったコーディネートなら、甘めなカラー使いでもガーリーになりすぎずあざとさも感じさせないので大人女性にも合う服。

ピンクトップスは、コンパクトなサイズ感のものをチョイスしてきれいめに着こなすのが、春のピンクトップスコーデが甘くなりすぎないコツです。

通勤やオフィスカジュアルな着こなしにも使えますよ。

ピンク×白のスカートコーデでフェミニンに


[UNTITLED] 【洗える】コットンブレンド片畦ニット

zozo.jp

デートや女子会などいつもよりちょっとかわいく決めていきたいシーンに合う服に仕上げたいなら、ピンクトップス×白ボトムのレディースコーデをスカートスタイルで決めるのがおすすめです。

ロング丈のプリーツスカートなら、かわいらしさの中に大人の上品さも感じられるので、かわいいのが苦手な大人女性でも着こなしやすいですよ。

コーデ全体が薄い色合いなら、小物で一点濃い色を投入してカラー使いにメリハリをつけましょう。

春はストライプでさわやかに


[Rouge vif la cle] バックボリュームブラウス

zozo.jp

春は、ピンクトップスもストライプ柄だとさわやかな印象を与えてくれるんです。

甘さやかわいさの少ないストライプ柄なら、ピンクでも甘くなりすぎないのがいいですね。濃いピンクを選ぶのも甘さを抑えるコツ。

シーズンレスで活躍するデニムパンツを使ったレディースコーデも、ストライプ柄のピンクトップスを合わせることで春にとっても合う服に仕上がっていますね。

デニムパンツは細身のものをチョイスしてきれいめな大人のレディースコーデに仕上げましょう。

ピンクのシャツをさらっと羽織って春感満載コーデ


[kobelettuce] シアーガーゼリラックスシャツ

zozo.jp

ピンクのシャツは一枚さらっと羽織るだけでどんなコーディネートにも春感をプラスしてくれます。だから、一枚持っておきたいアイテムなんです。

デニムパンツ×白トップスの定番コンビも、ピンクのシャツをさらっと羽織ることで春ならではのシーズンライクなレディースコーデに仕上がっていますよね。

ブルーの色味が濃い色のデニムパンツを使うと、デニムコーデもカジュアル感控えめ。ピンクシャツも濃い色でクールに着こなしましょう。

夏のピンクトップスコーデ

カジュアルダウンしてピンクトップスに抜け感を


[SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH] 【FUDGE 5月号掲載】オーガニックコットンフレンチスリーブTシャツ

zozo.jp

フレンチスリーブのピンクトップスは子供っぽさが気になりますよね。そんな時は、カジュアルダウンして抜け感を出すのがおすすめです。

ワイドパンツやガウチョパンツなどを合わせてゆったりとしたシルエットに仕上げることで、フレンチスリーブのピンクトップスを使ったコーディネートが一気に今年らしくなりますよ。

抜け感のあるレディースコーデは見た目が軽く見えるので、夏にもよく合う服装です。

スタイルアップも叶うピンクトップス


[ADAM ET ROPE'] オックスウエストマークブラウス

zozo.jp

ウエストマークデザインのピンクトップスなら、おしゃれだけでなくスタイルアップも叶えてくれますよ。

ウエスト位置が高く見えることで、脚長効果や細見えが期待できるんです。

ウエストがキュッと締まっていることでコーデ全体がすっきりと見えるので、薄い色のピンクトップスでも甘くなりすぎないから大人のレディースコーデにも合う服です。

濃い色のボトムを合わせて引き締めながら着こなすのもポイントです。

夏小物を合わせる


[kobelettuce] [トップスorチュニック]丈ティアードノースリーブブラウス

zozo.jp

ティアードデザインのピンクトップスはとってもかわいいアイテム。大人っぽく着こなすために、夏でもくすみがかった色味のものをチョイスしましょう。

黒パンツで引き締めながら着こなすのも大人のレディースコーデに合う服にするポイントです。

黒パンツを使っているので、ストローハットなど夏らしい涼しげな雰囲気をプラスしてくれる小物を一点投入して季節感を出すのがおすすめです。

秋のピンクトップスコーデ

スモーキーな色が秋らしい


[URBAN RESEARCH DOORS] リネンピンタックVネックブラウス

zozo.jp

秋は、ピンクベージュなどスモーキーな色味のものをチョイスするとピンクトップスコーデが秋らしくなりますよ。

白やアイボリーなど薄いカラーのアイテムを合わせてもかわいくなりすぎないのがくすみピンクトップスのいいところ。

大人女性らしい落ち着きのあるレディースコーデに仕上がっていますよね。

ママたちの秋コーデにも合う服です。足元をスニーカーにして外してもカジュアルすぎず大人っぽい。

シアーブラウスで重みを解消


[kobelettuce] プリーツ袖シャーリングシアーブラウス

zozo.jp

秋は落ち着いたカラー使いやダークなカラー使いのコーディネートが増えてくる季節です。

どうしても重たく見えてしまいがちな秋コーデは、プリーツ袖のシアーブラウスを使うことで重みを解消しましょう。

くすみピンクトップスに、ベージュやカーキなどのアースカラーを合わせるとより秋に合う服に仕上がりますよ。

ピンクトップスを使っているとはいえ、落ち着きがあって大人のレディースコーデにピッタリな着こなし術ですね。

スカートコーデも品良く着こなす


[kobelettuce] ラグランスリーブハイネックゆるニットトップス

zozo.jp

ピンクトップスにギンガムチェックのスカートを合わせるとかわいくなりすぎてしまうイメージがありますよね。

でも、コーデ全体をくすみのある色味でまとめると大人のレディースコーデらしく品良く決めることができるんです。

ニットもタートルネックで大人っぽさをアピールしましょう。パンプスなどきれいめな小物を合わせてかっちり仕上げるのも大人っぽさのポイントになっています。

冬のピンクトップスコーデ

冬もピンクトップスで着映え


[BARNYARDSTORM] BARNYARDSTORM / クルーネックニットカーデ

zozo.jp

ダークなカラー使いのコーディネートが多くなる冬。あえてピンクトップス×白ボトムのレディースコーデで着映えを狙っちゃいましょう。

明るいカラー使いのコーディネートも、実は冬によく合う服なんです。さっぱりとした白は、寒い冬にもピッタリなんですよ。

甘めなカラー使いなので、スパイシーなパイソン柄で辛みを加えて引き締めるとぐっと大人っぽくなりますよ。

カーディガンやアウターは肩からさらっとかけてこなれポイントに。

ざっくりニットで抜け感を出す


[kobelettuce] ローゲージゆったりニットトップス

zozo.jp

抜け感のある着こなしが人気の今年は、ピンクトップスもゆったりシルエットでラフに着こなすのがおすすめです。

冬コーデの定番アイテムであるニットのピンクトップスも、ざっくり編みのものならコーデに抜け感を出して今年によく合う服に仕上げてくれますよ。

ふんわりスカートと合わせてカジュアルな中にも女っぽさをアピールしたいですね。

コーデ全体を薄い色でまとめているので、ほんのりとした甘さでとってもかわいいです。

セットアップで簡単冬コーデ


[kobelettuce] [2点セット]裏起毛スウェットトップス×スカートセットアップ

zozo.jp

セットアップで簡単に冬コーデを楽しんじゃうのもおすすめ。

ワントーンでまとめたコーディネートが人気の今なら、セットアップコーデもトレンディで今年の冬に合う服に仕上がりますよ。

スカートがタイトなシルエットなので、薄いピンクのセットアップでもかわいくなりすぎていませんね。

着心地は楽チンなのにきちんと見えするのも大人のレディースコーデに取り入れやすいポイントです。足元をスニーカーにしてもラフになりすぎていませんよね。

ピンクトップスコーデまとめ


いかがでしたか?大人のレディースファッションにもピッタリのピンクトップスコーデをまとめてご紹介しました。好みに合う服はあったでしょうか?

ピンクというとかわいいイメージで敬遠してしまいがちですが、大人女性に合う服もたくさん楽しむことができるんですよ。

ぜひ、おしゃれ上手さんたちのコーデ術を参考にしながら、かわいくなりすぎないピンクトップスコーデを一年中楽しんでみてくださいね。

当記事はfolkの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ