JO1、ファッションアイテム紹介! 鶴房汐恩は浮き輪で登場「海に行きたい」


11人組グローバルボーイズグループ・JO1(ジェイオーワン)が27日、インターネットテレビ・ABEMAで生配信された史上初のバーチャルファッションショー&ライブイベント「Tokyo Virtual Runway Live by GirlsAward」に出演し、圧巻のパフォーマンスを披露。メンバーがお気に入りのファッションアイテムを紹介するコーナーもあった。

オーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』から誕生したJO1(豆原一成、川尻蓮、川西拓実、大平祥生、鶴房汐恩、白岩瑠姫、佐藤景瑚、木全翔也、河野純喜、金城碧海、與那城奨)。同イベントの大トリとして、「無限大(INFINITY)」、「La Pa Pa Pam」、「Running」の3曲をパフォーマンスした。

途中のMCで、川尻は「科学ってすごいです。モニター見るときれいにステージが映っているけど、実はグリーンバック」と明かし、技術に驚いた様子。その後、一人ひとり自己紹介し、リーダーの與那城は「まだまだ思い切り歌って踊ってかっこいい姿を見せますので、せひ楽しみにしていてください」と呼びかけた。

メンバーが夏に欠かせないファッションアイテムを紹介する場面もあり、佐藤は「一番お気に入りのサングラス」を持参し、川尻は「ステイホーム時間中に着なくなった服をアレンジして見ました」とリメイクしたジャケットをお披露目。大平は「LAで買ったサングラスとFrancfrancさんの(ハンディファン)」を紹介し、木全は「ミニバック」を選んだ。

鶴房はなんと、浮き輪を身につけて登場し、「海に行きたいなと思って」と説明。「普段持ち歩いているの?」と聞かれると、「はい。お風呂はこれです」とジョークで返して笑いを誘った。そして、アイテムを紹介したメンバーは1人ずつランウェイを闊歩。鶴房は浮き輪をつけたまま歩き、「せっかくなのに汐恩はそれでよかったの!?」と声をかけられていた。

同イベントは、史上初の3DCGとリアルを掛け合わせたフルバーチャル空間でのファッションショー&ライブイベントで、ABEMAの新機能「PayPerView(ペイパービュー)」にて独占生配信。ファッションショーやライブパフォーマンスを展開した。

(C)Tokyo Virtual Runway Live by GirlsAward (C)AbemaTV, Inc.

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ