ローランド、サッカー界のレジェントとの再会に緊張 切り込んだ質問も

fumumu

2020/6/27 20:30


ROLAND

ホストクラブの経営者でありタレントのローランドさんが、ポルトガルの超レジェンドサッカー選手のルイス・フィーゴさんと対面し、珍しく緊張した姿が映し出されました。

■ルイス・フィーゴさんが来店


26日、自身のYouTubeチャンネルに「あの海外スーパースターがローランドの店にやってきた」と動画を公開したローランドさん。 ローランドさんが経営するお店に、ポルトガルの超レジェンドサッカー選手のルイス・フィーゴさんが来店!

一時、プロサッカー選手を目指しており、現在「セレッソ大阪」のアンバサダーをしているローランドさん。今も営業後にはフットサルを楽しむ日々だそうで、この大物ゲストには緊張気味。

とはいえ、過去に1度スペイン(マドリード)でフィーゴさんと会っているそうですが、その時2人を繋いでくれた人が、日本にフィーゴさんが来ているため、ホテルに遊びに行く時間を少しとってくれたようで、面会時間はわずか10分。

2年ぶりの再会に「やっぱり緊張しますよ。いつも見てたアイドルなんで」とドキドキです。



関連記事:サンド伊達、ナイツ塙の裏切りと挑発に落胆 「情けないよ…」

■ストライカーについて質問


早速、日本はいいフォワードが出ないとずっと言われているため、日本のサッカー界の未来に繋がる質問をチョイス。日本のサッカー界のストライカー(積極的にシュートを撃って得点を狙うFWの選手)について質問しました。

日本においてストライカーは偶然生まれてくるものなのか、それともトレーニングで作り出すことができるのか、まだわかっていないことを説明し、ポルトガルではどうなのか聞いています。

これにフィーゴさんは、「生まれ持った才能もあるし、練習で身につくこともある。その2つが交わりあうのが一番大事だね」と両方大事な要素であることを言及しました。

■かわされるローランド


続いて、「世界最高のストライカーだったら、0対0の状況で、決定的場面でキーパーと2対1の状況なら、味方にパスをするのか、自分でシュートをしに行くのか」と質問。

これについては「シチュエーションによって変わるけど、確実に決められそうだったら決めるし、味方にパスしたらいいなと思ったらパスする」と、うまくかわされるローランドさん。

フィーゴさんと会う前に、過去のインタビューなどを見て勉強していたローランドさんは、「すごい定型文で、Siriとしゃべっている感じ」とフィーゴさんの特徴を捉えていたので、これは想定内。しかし今回は「白か黒かハッキリしたい」というローランドさんが切り込んでいきます。

■フィーゴ、本音がポロリ


「日本人がフットボーラーとして活躍できないのは技術不足ではなく、1番の原因は、コミニケーション能力が取れなかったり、言語の問題だと思うんですよ。技術が荒削りでもコミュニケーション能力が高い選手と、逆に技術は高いけれどコミュニケーションが取れない選手と、どちらが活躍すると思いますか」と、“定型文”でしか返さないフィーゴさんのことをあらかじめ想定していたローランドさんは、さらに切り込んでいきます。

すると、「技術はもちろん大事だと思うが、一番大事なのは責任感だと思う」と、2択以外の、自分の言葉が出て来ました。

最後に「W杯のステージで、ポルトガルと日本人が同じ組み合わせだったら、ポルトガルからしたらラッキーなのか、それともきつい相手なのか」と問い、「どこの国と戦っても難しいことは間違いない。ただ、日本とフランスどっちか選べるとしたら、日本を選ぶかな」とフィーゴさんの本音が溢れました。

サッカー選手の道を諦めても、日本のサッカーのために質問の内容や仕方を試行錯誤し、お茶する時間を諦めて質問タイムにしたローランドさん。かっこいいです…。

・合わせて読みたい→長谷川京子の料理姿にネット騒然 「話が全然入ってこない」「格好が…」

(文/fumumu編集部・Amy)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ