居酒屋形式の店舗で「たこ焼き飲み」も 「銀だこが好き」半数近く

しらべぇ

2020/6/27 20:30


たこ焼きのチェーン店「銀だこ」は、表面がパリッとした食感が特徴である。酒を提供する店舗も増え、幅広い層から支持をされているようだ。

画像をもっと見る

■「銀だこが好き」半数近く


しらべぇ編集部では全国10~60代の男女1,880名を対象に、「たこ焼き店について」の調査を実施した。



「銀だこが好きだ」と答えた人は、全体で48.6%だった。


関連記事:ハライチ岩井、サンシャイン池崎とのLINEで赤面 「かわいい」「彼女かよ」

■カリッとしておいしい


性年代別では、10代から30代の女性が高い割合になっている。



銀だこの特徴は、外のカリッとした食感である。

「外がカリッとしていて、とてもおいしいと思う。少しお腹が減ったときなどに、友達と立ち寄ることが多い」(20代・女性)


子供たちにも、人気が高いようだ。

「家の近くにあるので、お持ち帰りで買うことが多い。買って帰ると子供たちが喜んでくれ、みんなでおやつとして食べている」(40代・女性)


■価格が少し高い


たこ焼きにしては、少し価格が高いとの意見も。

「たこ焼きとしては、ちょっと料金が高い気がする。たこ焼きではお腹を満たせないので、同じくらい料金を出すなら牛丼の大盛を選ぶかな」(20代・男性)


たこ焼きの本場の人からは、王道ではないとの声もある。

「関西人なので、あの外がカリカリすぎるたこ焼きをあまり受け入れられない。これはこれでおいしいのだろうけれど、また別物のような気がする」(30代・男性)

■居酒屋形式の銀だこ


銀だこは、居酒屋形式の店舗も展開している。

「銀だこがやっているハイボール酒場に、何度か行ったことがある。たこ焼きは酒とすごく合うので、少し飲みたいときにはちょうどいいと思った」(30代・男性)


家で酒を飲むときに、銀だこを買う人も。

「家で飲むときに、おつまみとして銀だこのたこ焼きを買ってくることがある。8個入りが少し飲むのには、ちょうどいい量なので」(30代・男性)


おやつから酒のおつまみまで、銀だこはさまざまなシーンで利用されているようだ。

・合わせて読みたい→『ローソン』プライベートブランド商品のデザインが「絶対売れる」と大好評

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2020年4月24日~2020年4月27日
対象:全国10代~60代の男女1,880名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ