我儘ラキア、O-WESTワンマンよりLIVE映像第8弾「Don't fear a new day」を公開 星熊南巫コメントも到着

SPICE

2020/6/27 20:00


我儘ラキアが、2月29日に開催した渋谷O-WESTワンマン公演『Don't fear a new day』より、LIVE映像のラストを飾る第8弾として、この日のイベントタイトルとなった楽曲「Don't fear a new day」を公開した。

本作は、ワンマン表題曲としてメンバーがこの日のために作詞作曲したしたもので、ラキアにとって最新の楽曲。奇しくも今の状況を象徴するような楽曲の歌詞と、メンバーのライブに込める想いをこれでもかと叩きつけられる映像は、ファンならずとも一見の価値があるものとなっている。

「Don't fear a new day」

星熊南巫 コメント


今回8本の動画を出しました。私はこの2月29日、「いつまで歌い続けられるか分からないから全力で今歌う」と言いました。まさかそんな日がすぐ来るとは思わなかった、自然と口に発してた言葉が現実になった今、なかなかライブができない今、私たちがみんなに残せるものや少しでもあの頃のLIVEを思い出してもらえるように動画を出しました。

「Don't fear a new day」は
このライブの最後にやった曲で、我儘ラキアにとって一番新しい曲です。

本当に明日を恐れていなかったらこんな曲作らないけれど
それでも前を向いて、もう一度明日に向かって歩いていけるように、弱さを知ってから強さを知るように、恐れというものに立ち向かってこそ本当の未来が見えるというか

そういう気持ちで作りました
わたしの中での恐れは常に時間なので、そういう歌詞になっています

まだまだ元の形で、ライブをする未来は遠いかもしれませんが皆さんに形を変えてでも音楽を届けていくので楽しみにしててください!

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ