発言が毎週話題になるビートたけし コメントの的確さに多くの人が納得

しらべぇ

2020/6/27 19:40




毎週土曜日放送の情報番組『新・情報7daysニュースキャスター』(TBS系)でコメンテーターを務めるタレントのビートたけし(73)。

お笑いの重鎮であると同時に、世界に評価された映画監督として発せられるコメントは毎週話題に。そんなたけしのコメントについて、世間は一体どう考えているのだろうか?

■ビートたけしのコメントは的確?


しらべぇ編集部は全国の10~60代のビートたけしを知っている人1,781名に「コメントが的確だと思うか」調査を実施した。



結果、「そう思う」と「理解はできる」をあわせた割合は77.4%。かなり多くの人が、たけしのコメントを的確だと感じている。


関連記事:ビートたけし、給付金中抜き疑惑に苦言 「お笑いの事務所とやってること同じ」

■年代別に見ると…


たけしのコメントを的確だと思う人を年代別に見ると傾向が出た。

最も評価が高かったのは10代で、じつに8割超え。若者はお笑い界のトップとして酸いも甘いも噛み分けたうえ、映画監督としても世界で高く評価されるたけしのコメントに高い説得力を感じている。

また、お笑い界での活躍をリアルタイムで見てきた「ビートたけし世代」の50代も78.8%と、10代に次いで高い割合となった。

■的確だと思う人の声は?


たけしのコメントが的確だと話すのは、10代女性のWさん。

「最近のコメンテーターといえばありきたりなことしかいわない、わざと炎上を狙うようなことをいうなど、眉をひそめたくなることが多いけど、たけしさんはユーモアを交えながら鋭く切り込んでくれる。


先日、国会議員にボーナスが満額支給されることについて『返せこの野郎』と怒り爆発させていて共感した。そういうことを嫌味なくいえるのは、たけしさんだけでは」

■カリスマ性を口にする人も


50代男性のAさんは、たけしのカリスマ性を口にする。

「私たちの世代は、ほぼ全員ビートたけしに憧れ、『たけしになりたい』と思った世代。いわば神の言葉ですから、的確性を感じないわけがありません。昨今芸人コメンテーターはたくさんいますが、たけしさんの右に出る者はいない。説得力が違います」


ユーモアを交えながら、物事の本質に鋭くメスを入れる。たけしのコメントが支持される理由は、そこにあるのかもしれない。

・合わせて読みたい→ビートたけし、生放送で志村けんさんを語る 「テレビが変化してもコント突き詰めた」

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2020年4月24日~2020年4月27日
対象:全国10代~60代のビートたけしを知っている人1,781名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ