マイケル・ジャクソン11回目の命日に、娘パリスが思い出の写真を公開

今月25日は世界的エンターテイナー、マイケル・ジャクソンの11回目の命日だった。この日、娘のパリスは自身のInstagramで父との思い出の写真などを多数公開、「会いたいと毎日寂しく思いながら、あなたへの愛を募らせています」と綴った。

“キング・オブ・ポップ”ことマイケル・ジャクソンが50歳の若さで他界したのは、2009年6月25日のこと。偉大なアーティストの死に人々が涙し、世界中が深い悲しみに包まれたあの日から11年が経過した。

長女パリス・ジャクソンはこの日、自身のInstagramを更新し6枚の写真を公開した。そのうちの5枚は父マイケルが舌を出したり、寄り目をした変顔や笑顔を見せる幸せそうな写真で、残りの1枚は幼い少女だったパリスがマイケルとキスを交わすほのぼのショットだ。パリスはそれらの写真に、

「会いたいと毎日寂しく思いながら、あなたへの愛を募らせています。」

「あなたがくれた魔法に感謝しています。」

とメッセージを添えている。

パリスはまた、ノーベル文学賞を受賞した小説家で詩人のアーネスト・ヘミングウェイの有名な次の格言を引用し、偉大な父の生き様に重ねた。

―Every man’s life ends the same way.

誰の人生も、同じように終わる。

―It is only the details of how he lived and how he died that distinguish one man from another.

人を他人と区別するのは、いかに生きたか、そしていかに死んだか、その中身だけである。

そんなパリスは父の命日の2日前に、恋人ガブリエル・グレンさんと組んだフォークデュオ「The Soundflowers」として初のEP『The Soundflowers』をリリース、米時間30日には『Facebookウォッチ』にてオリジナルのドキュメンタリーシリーズ『Unfiltered: Paris Jackson & Gabriel Glenn』の配信が開始される予定だ。トレーラーには幼い自身とマイケルが、

「パリスは大きくなったら何をしたいのかな?」

「私はパパがしているのと同じことをするの。」

「パパがしていることって?」

「ダンスと歌よ。」

とやり取りをする未公開シーンが収められている。また自身がパパラッチに追い掛け回されるシーンでは、

「自分をさらけ出すことを頑なに拒否してきた私。」

「あの頃はまだその心の準備はできていなかったけど、今ならさらけ出せる、そう感じている。」

と語っていることから、同シリーズでは等身大のパリスの魅力が垣間見られそうな予感だ。

なお25日には、故マイケルの兄ティト・ジャクソン、姉のラトーヤ・ジャクソン、またティトの息子でR&Bシンガーのタージ・ジャクソンらがそれぞれマイケルへの思いをツイート、妹のジャネット・ジャクソンは命日の翌日にSNSにマイケルとのツーショット写真を公開した。



画像は『PK Dragonfly 2020年6月25日付Instagram「miss and love you every day.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ