あす朝にかけて九州南部で猛烈な雨 東海や関東も激しい雨に

日直予報士

2020/6/27 16:55

今夜(27日)も九州には活発な雨雲がかかり続けます。あす(28日)にかけては九州南部では猛烈な雨、東海や関東も激しい雨になりそう。土砂災害などに警戒して下さい。

●西日本を中心に大雨

梅雨前線の活動が活発になっていて、西日本には発達した雨雲が次々とかかるでしょう。西日本の雨のピークは、今夜からあす(28日)の朝にかけてとなりそうです。
けさ(27日)にかけては、九州北部で大雨、日中は南部を中心に大雨となりました。
九州はあすの昼前にかけて1時間に50ミリ以上の「非常に激しい雨」の降る所がありそうです。「滝のような雨」と例えられるほどの雨の降り方です。南部では、あす未明から朝にかけて、1時間に80ミリ以上の「猛烈な雨」の降る所があるでしょう。これまでの大雨で地盤の緩んでいる所があるため、土砂災害には厳重な警戒が必要です。
発達した雨雲は次第に東へと広がり、中国・四国や近畿にもかかります。
四国の太平洋側は「非常に激しい雨」の降る所がありそうです。近畿も局地的にバケツをひっくり返したような「激しい雨」となりそうです。短時間に降る大雨で、一気に道路が川のようになる可能性もあります。
あす(28日)の夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多い所で、九州南部で250ミリ、九州北部と四国は180ミリの予想です。

●東日本は未明から雨脚強まる

東海や関東も沿岸部を中心に、「激しい雨」の降る所があるでしょう。雨のピークは、東海はあすの未明から朝にかけて、関東はあすの明け方から昼前にかけてとなりそうです。
関東は、南部の沿岸部では昼頃まで発達した雨雲や雷雲がかかる予想です。通勤される方や、日曜日でお出かけを予定されている方は、足元が濡れてしまうほどの雨になるかもしれません。レインシューズなど、雨対策が必要でしょう。また、アンダーパスなど、低い土地が浸水する恐れもあります。車の運転はいつも以上にお気をつけ下さい。

当記事は日直予報士の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ