名古屋や岐阜 30℃以上の真夏日の日数 6月として過去最多

日直予報士

2020/6/27 16:21

名古屋市と岐阜市では、最高気温が30℃以上の真夏日の日数が、6月として統計開始以来、最多になりました。

●暑い6月

27日(土)は、本州付近は暖かい空気に覆われて、強い日差しが照りつけた地域を中心に気温がグンと上がりました。16時までの最高気温は、名古屋市で31.9℃、岐阜市で30.4℃など、真夏日になりました(真夏日:最高気温が30℃以上)。これで、今月(6月)、名古屋市で真夏日になった日数は14日、岐阜市は15日で、いずれも6月としては統計開始以来、最多です(名古屋市は1944年と並んで、岐阜市は1894年と並んでタイ記録)。
また、仙台市では27日(土)の16時までの最高気温は27.9 ℃で、夏日になりました(夏日:最高気温が25℃以上。仙台市では今月(6月)、夏日になった日数は17日で、6月としては統計開始以来、最多です(1990年の16日を更新)。

●暑さ続く

向こう一週間は、九州から東海で、30日(火)から7月1日(水)は、季節先取りの暑さが収まるでしょう。ただ、一時的です。最高気温は平年並みか、高い日が多い見込みです。引き続き、熱中症や食品の管理にお気をつけ下さい。

当記事は日直予報士の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ