『MIU404』綾野剛&星野源の壮絶カーアクションにネット興奮「やばすぎ」「最高」

クランクイン!

2020/6/27 10:43

 俳優の綾野剛と星野源がダブル主演を務めるドラマ『MIU404』(TBS系/毎週金曜22時)の第1話が26日に放送され、綾野と星野が壮絶なカーアクションに挑み、ネット上には「やばすぎ!!カーアクションすご」「最高なんだけど」「興奮する!」などの反響が巻き起こった。

本作は、犯人逮捕にすべてを懸ける警視庁“機動捜査隊”(機捜)の姿を描く、1話完結のノンストップエンターテインメント。機捜でバディを組む伊吹藍と志摩一未を、綾野と星野がダブル主演で演じる。脚本は『逃げるは恥だが役に立つ』『アンナチュラル』で知られる野木亜紀子によるオリジナル。

警視庁の臨時部隊“第4機捜”の隊員として召集された志摩(星野)は、これまで多くの部署を転々としていた伊吹(綾野)とバディを組むことに。早速、車に乗り込み伊吹の運転でパトロールに出掛けた二人は、後続の赤い車に執拗(しつよう)にあおられることに。

スピードを上げた赤い車に追い越されそうになると、伊吹は「こういうのはねぇ…ナメられちゃダメ」と語りカーチェイスに発展。伊吹も負けじとスピードを上げ、豪快なハンドルさばきで車をドリフトさせると赤い車の前に立ちはだかる。第1話開始約10分で訪れたいきなりの見せ場に、ネット上には「やばすぎ!!カーアクションすご」「もうすでに最高」といった声が相次いだ。

その後、赤い車の運転手が何者かに襲撃されたことから、伊吹と志摩はさらに悪質なあおり運転をめぐる事件を追うことに。第1話のクライマックス、逃走する犯人の車が横断歩道に突っ込みそうになると、ハンドルを握っていた志摩が機転を効かせての犯人の車の前に立ちはだかり、命がけで歩行者と車の事故を防ぐことに成功。画面に志摩を演じる星野の華麗なハンドルさばきが映し出されると、ネット上には「カーアクションやべえ!興奮する!好きだあ!」「ドラテク最高か…!!」などのコメントが殺到した。

第1話から見どころ満点の本作について、放送終了後には「やっぱり綾野剛×星野源は最高バディ」「やっぱり野木さん作品めっちゃ好き!ハズレなし!」といった投稿が集まっていた。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ