親知らずを抜いて寝込んだ母…息子の「秘めたる優しさ」を知ることに!【ぽこちゃんです&どんちゃんです Vol.11】

みなさま、いつもご覧いただきありがとうございます。mochiko.です。

今回は、まず最近の息子の悩みから少し書かせていただきます。

■周りを見ないで走っていってしまう息子にヒヤヒヤ

もともと活発で、高熱でもでない限り、おとなしくしていることがない息子・ぽこちゃん4歳。

元気なのは非常にいいことなのですが、最近その元気ぶりが少々目に余るようになってきました。

自粛生活が長かったがゆえのストレスもあると思いますが、

・どこまでもひとりで走って行ってしまう
・その際、もちろん周りは見ていない
・人や車にぶつかりそうになる
・こちらが「手をつなごう」「ゆっくり歩いて」「走らないで」と声をかけても無視

…という状況が続いていまして。

息子の周りはもちろん、息子自身の命にもかかわることなのでやめてほしいのですが、外に出るともう、どこまでも周りを見ないで走っていってしまいます。

夫さんと散歩へ出かけると、そのようなことはないので、おそらく私と行動している時だけの一種の甘えのようなものだとは思うのですが、「幼稚園でもこんな風に、自分以外のことは完全無視のゴーイングマイウェイなのだろうか…」と心配はつきませんでした。

しかし先日、そんな息子が本当はしっかり周りを見ていた! と確信する出来事が起こりました。

キッカケは、私が人生で始めて「超巨大・親知らず」を抜歯し、その翌日にあまりのつらさで動けなくなったことでした
キッカケは、私が人生で始めて「超巨大・親知らず」を抜歯し、その翌日にあまりのつらさで動けなくなったことでした。

余談ですが、「親知らずは抜いた後がなによりしんどい」といろいろな人から脅かされてましたが、痛み止めが切れたら涙がこぼれるような痛みと、38℃ほどの発熱までついてくるなんて、知りませんでした…。

術後の痛みはある程度覚悟していましたし、痛み止めで楽になりましたが、熱のことは「ちょっと聞いてないんですが」っていう状態でしたね。

息子には事前に「この日はお母さん、歯を抜かないといけなくて、具合が悪くて寝てると思うから、お父さんの言うことをよく聞いてね」と伝えてあり、息子は「(よくわかんないけど)わかった!」と返事をして幼稚園へ。

夫さんには会社を休んでもらってしまった上に、息子のお世話も娘のお世話もお願いしてしまって非常に申し訳なかったです…。

■息子の秘めたる優しさに感動
帰り道に息子が突如「おとうさん、おかねってもってない?」と発言
幼稚園のお迎えも夫さんと娘に行ってもらい、帰り道に息子が突如「おとうさん、おかねってもってない?」と発言。

しかし、運悪く夫さんは財布を持っておらず。

「何かほしいものがあったの?」と聞き返すと、息子から衝撃のお言葉が!

なんと!! 寝込んでいる私に何かお見舞いを買ってくれようとしてくれていたのです
なんと!! 寝込んでいる私に何かお見舞いの品を買ってくれようとしてくれていたのです。

“周りのことがあまり目に入ってないんだろうなぁ…”なんて思っていた母を許しておくれ息子よ…!

この話は、夫さんたちの帰宅直後に聞いたんですが、止血用のガーゼをかみ締めながらおんおん泣きました。私が。ちょっと口の中痛かったですがそれはまた別の話。

これからは「息子なりにちゃんと周りを見てる! 大丈夫だ!」と思いながら、道で走ろうとする息子を必死に止めることに全力を注ごうと思います。

イヤイヤ期に活躍した「振りほどかれない手のつなぎ方」、いまでも重宝しております。とりあえず普通に歩いておくれ。

(mochiko.)

当記事はウーマンエキサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ