フィンエアー、日本線運航計画変更 関空・中部線は9月再開へ

Traicy

2020/6/27 10:49

フィンエアーフィンエアーは、日本路線の運航計画を変更した。

東京/成田~ヘルシンキ線は当初の発表通り、7月から週3便で運航を再開する。東京/成田発は金・土・日曜、ヘルシンキ発は水・木・金曜に運航する。機材はエアバスA350-900型機を使用する。

当初は7月を予定していた、名古屋/中部・大阪/関西~ヘルシンキ線の運航再開は、9月に延期する。東京/羽田~ヘルシンキ線は、11月に開設する。2021年3月末の冬スケジュール終了まで運航しないことを発表していた札幌/千歳・福岡~ヘルシンキ線は、当面運休する。

共同事業を展開する日本航空(JAL)は7月1日から、東京/羽田~ヘルシンキ線を週3便で開設する。これにより、日本とフィンランドの間は、週6便体制で結ばれることになる。

■ダイヤAY74 東京/成田(11:00)~ヘルシンキ(15:00)/金・土・日

AY73 ヘルシンキ(17:45)~東京/成田(09:10+1)/水・木・金

当記事はTraicyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ