とにかく明るい安村、ジャンポケ斉藤との格差が明らかに 同情が相次ぐ

しらべぇ

2020/6/27 09:40




お笑い芸人のとにかく明るい安村が26日に自身のツイッターを更新。ジャングルポケットの斉藤慎二との格差が注目を集めている。

■とにかく悲しい安村


きっかけは、斉藤が前日である25日に投稿したツイッター。『有吉の壁』(日本テレビ系)の収録で提供された「叙々苑」の弁当の写真を載せて「有り難くいただいたなり」と投稿したことから始まる。

それに対して、同じ収録に参加していた安村は「俺の楽屋にはなかったなぁ…このお弁当」と哀愁を漂わせながらリプライ。斉藤との扱いの違いに、ファンからは「とにかく悲しい安村」「安村さんマジですか」と同情の声があがっていた。




関連記事:マツコ、1度しか放送しないテレビ番組に疑問 「もっと再放送すべき」

■他の共演者の弁当は


もしかすると、CMや舞台など幅広く仕事をこなしている斉藤だけが、豪華な弁当だったという可能性もあるかもしれない。

そこで、他の出演者のSNSを確認してみたところ、お笑いトリオ・四千頭身の石橋遼大も25日に自身のツイッターで、「豪華なお弁当。改めてありがたい、嬉しい限りです」と投稿していた。



売れっ子芸人とはいえ、安村よりも15年以上も後輩の石橋も叙々苑の弁当を提供されているようにみえる。安村がどんな弁当を食べたのか気になるところだ。

■体を張って番組に貢献


有吉の前で即興ネタを行う、番組の人気コーナー「一般人の壁」では、頭の中心を刈り上げる逆モヒカン風の髪型を披露し、体を張って笑いを取っている。

その他にも、自宅で芸能人のモノマネをしながら一発芸を行うコーナーでも、自室をビチャビチャにするバケツ芸で身を削りながらも奮闘しており、番組への貢献度も高いはずなのだが…。弁当格差の謎が深まるばかりだ。

■芸人からの評価は高い


今回、番組から用意された弁当によって、芸人としての格差が明らかになってしまった安村。しかし、体を張って必死に笑いを取りに行っている姿は、先輩芸人の伊集院光も自身のラジオで絶賛。

さらに、お笑いコンビ・チョコレートプラネットの松尾駿も自身のインスタグラムで「マジリスペクト先輩」と投稿しており、お笑い芸人からの評価が高い。格差に負けず、これからも体を張って笑いを届けてほしい。

・合わせて読みたい→フジモン、爆問・田中MCの『ケンミンSHOW』に不満 「田中が司会になってから…」

(文/しらべぇ編集部・小野田裕太

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ