マツコ、韓国と日本のガールズグループの違いを熱く語る


タレントのマツコ・デラックスが、きょう27日に放送される日本テレビ系バラエティ番組『マツコ会議』(毎週土曜23:00~)で、イマドキ高校生と中継をつなぐ。

今回は、高校生ながらデビューを決めた、まいきち、さなり、タルちゃんの3人と中継。イマドキの新しいデビューの仕方について探る。

最初に話を聞いたのは15歳のまいきち。2歳の頃から歌手になりたかったが、数々のオーディションを受けるも不合格の日々。そんな中、知名度を上げるために始めたTikTokの動画がバズり、芸能事務所方スカウトされたという

マツコがTikTokの動画を見ると「これ本人の声じゃないじでしょ?」と驚き。自分の声ではない動画をアップして歌手としてスカウトされたという彼女に「本当にすごい時代がきたかもよ」と驚く。

続いては、YouTubeの動画がきっかけでデビューしたラップアーティストのさなり君。小学3年生でYouTubeに毎日動画を投稿し、編集も自ら行っていたという彼に「アタシたちの時代の小3ではない!」と驚くマツコ。さらに、「テレビ見る?」という問いに、「テレビ持ってないんですよ!」と答えるさなり君。その理由に、マツコは「これは考えさせられますな。今日大事なことを聞いているな」と、イマドキの高校生にとってのテレビの有り方を改めて考える。

最後は、韓国でアーティストデビューを目指す女子高生のタルちゃん。中学1年生の時から1人で韓国で寮生活をしている彼女に、マツコは「一番アグレッシブ」と感心。韓国と日本のガールズグループの違いについて熱く語る。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ