小芝風花主演『妖怪シェアハウス』、松本まりか&毎熊克哉が伝説の幽霊&妖怪に

クランクイン!

2020/6/27 06:00

 女優の小芝風花が主演を務め、8月1日スタートするドラマ『妖怪シェアハウス』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)に、女優の松本まりかがお岩さん役、俳優の毎熊克哉が酒呑童子役で出演することが発表された。

本作は、小芝演じる気弱で空気ばかり読んでいた主人公・目黒澪が、シェアハウスで出会ったお節介な幽霊や妖怪たちに助けられながら、その自由で縛られない姿に感化され、たくましく成長していく姿を描くホラーコメディー。誰もが一度は聞いたことがある伝説の幽霊&妖怪たちが続々と登場する。

松本が演じるのは、「恨めしや~」で知られる四谷怪談のお岩さん。人間の姿の四谷伊和と幽霊のお岩さんという2つの姿で登場する。役どころについて松本は「今回私が演じるお岩さんの現代の姿である四谷伊和は、四谷怪談で創作されたお岩さんの狂気と本来の心優しいお岩さんが合わさり、非常に過剰な作りとなっています(笑)」と説明。「過剰に澪を心配し、ほんのちょっとのことでも助けずにはいられないナースです。いつも澪の味方で、澪に愛情を注ぐ本当に優しい巫女(みこ)のよう。恐ろしいほどイイ女ですのでどうぞご安心を」としている。

毎熊は、大酒飲みの女好き、かつて自分に恋焦がれた女の恨みで鬼化した酒呑童子役を演じる。乱暴な物言いで怖そうに見えて、実は女性に優しく正義感にあふれる男&妖怪役で、新たな一面を見せる毎熊。「ここまでガッツリと人間では無い役をやらせて頂くのは初めてで、ワクワクしています!怖くて優しくて、ちょっとクセの強い人情味ある酒呑童子を演じられたらと思っています」と話す。

このほか、普段はシェアハウスの寮母として世話を焼く座敷童子役に池谷のぶえ、弁護士兼経営コンサルタントとして働く一方で、いつの間にか他人の家に上がり込み、偉そうに振る舞い飲み食いするぬらりひょん役に大倉孝二。

さらに、大手出版社の元カリスマ編集者で、仕事もお金もなく崖っぷちだった澪がアルバイトとして働き始める小さな編集プロダクションの社長・原島響人役に大東駿介。キノコの生えた汚部屋に住んでいる編集者・山中美雪役に内藤理沙が決まった。

ドラマ『妖怪シェアハウス』は、テレビ朝日系にて8月1日より毎週土曜23時15分放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ