ちゃんと聞いてほしいのに…。男性が話し合い中に姿を消す理由とは?




真剣に話がしたいのに、少しでも険悪ムードになるとすぐに姿を消す男性っていますよね。何も言わず自分の部屋にこもられると余計イライラが増してしまいます。とはいえ男性陣にも言い分があるようで……?
そこで今回は「男性が話し合い中に姿を消す本当の理由」についてご紹介します。

口じゃ勝てないから

「言い返したところで、口じゃ勝てないのはわかっているから。何を言っても負けるので、だったら部屋に引きこもったほうがいいかなって」(30代/製造)

▽ 女性は口が達者なので、どう考えても言い返されて終わるとの意見。彼らも自分の余計な一言で火に油を注ぐくらいなら、とりあえず距離を置くべきと思っているみたい。たしかにお互いに一度頭を冷やしたほうが、うまくいくこともありますよね。

自分にはどうしようもできないから

「『今月も赤字』『お金がない』など、基本的に妻の言うことって正論なんです。でもいまの俺にはどうすることもできない。ふがいなさを感じるだけなので、こういう話題になったらそそくさと逃げちゃいます……」(30代/営業)

▽ 現状では解決策がない場合、話し合いをしても責められるだけなので男性も居場所がありません。そのためつい部屋にこもっちゃうみたい。

話が飛躍するから

「論点がどんどんズレて、昔の話まで引っ張り出してくるから。話し合いではなくただのグチなので、ウンザリしちゃうんですよね」(20代/金融)

▽ イライラがヒートアップすると、つい過去にさかのぼってしまいがち。でも話が飛躍してばかりでは、聞いているほうも面倒になってきます。話し合いを円滑にするためにも、要点だけを端的にまとめたいものですね。

手が出そうになるから

「理不尽にキレられるとさすがに限界がくる。でもここで手を出したら終わりなので、我慢するために彼女から離れますね」(20代/会社員)

▽ 「男同士のケンカは殴り合いで解決」なんて時代もありましたが、カチンとくるとどうしても手が出そうになる男性もいます。それがダメだとわかっているからこそ、彼らもなんとか理性を保つためにその場を離れるようです。
ここでムリに引き留めてしまうと大変なことになりかねないかも。そっとしておくのが正解かもしれません。

怒っている彼女を見たくないから



「鬼の形相で怒る彼女を見たくないから。幻滅したくないんですよね……」(30代/商社)

▽ 怒った顔って、自分が思う以上にひどいもの。彼女を嫌いになりたくないからこそ、キレる姿は見たくないとの意見も聞かれました。
とはいえ彼に非がある場合、「誰のせいでこんなに怒っていると思ってるの!」と余計に腹が立ちますよね。常にキレイごとばかりの男性は、交際には不向きかもしれません。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ