彼氏が「もう別れたい…」と思う、彼女の見切りポイントとは?

カナウ

2020/6/26 20:30


彼氏が「もう別れたい…」と思う、彼女の見切りポイントとは?

「親しき仲にも礼儀あり」誰もが耳にしたことのあることわざですが、広辞苑で調べると「親密過ぎて節度を失うのは不和のもとだから、親密な中にも礼儀を守るようにせよ。」とあります。
「恋は盲目」というように、何かに没頭していたり依存していたりすると、人はすぐに冷静でなくなり周りが見えなくなってしまいます。
どれだけ仲が良くても、どれだけ優しい彼氏だったとしても、冷静さや客観性を欠いてその関係性に甘えて好き勝手に振る舞っていれば、いつか破局を迎えることは間違いありません。
今回は彼氏が彼女に見切りをつけて、別れを切り出すきっかけとなってしまうようなポイントをいくつかご紹介します。
もし、このような行動や思考に心当たりがあるのだとしたら、今すぐにでも見直すことをおすすめします。

目次



1.急に友達が増えてきた


「今日は誰と遊びに行ったの?」と聞いても、「友達だよ」としか教えてくれなかったり、彼女の周囲に急に知らない名前が増えてくると、なんとなく言えない交友関係なのだろうということを男性は察します。
ある程度の時間を共に過ごしていると、大体どのくらいの人数の友達がいて、そのうち誰と仲が良いのか? そして、個々で会うときはどれくらいの行動範囲なのか?等とということは感覚的に把握できてきます。
その中で、今まで聞いたことない名前やふだん行かないような場所などを聞くと、浮気への不安がだんだんと確信に変わってきます。もし、疑われたくないのであれば、中途半端にオブラートに包まずに、オープンにすべてをきちんと話した方がいいでしょう。もし浮気しているのならば別ですが……。

2.父親のような存在になってしまった


交際期間が長ければ、もちろん関係性は少しづつ変化していくものです。
ポジティブな変化だったら大歓迎なのですが、長く一緒にいることによって“甘え”が出てきてしまうと、彼氏から見たらネガティブな変化かもしれません。
自分の体調不良や精神的な不調を、子どもっぽく感情的になって彼氏にぶつけていないでしょうか?また、デートプランや食事の献立などの意思決定をすべて相手に委ねていないでしょうか?面倒臭いことを全て任せていないでしょうか?
ふだん笑ってなんでもやってくれる優しい彼氏だったとしても、自分の父親や母親に対するような甘え方をしてしまうと、ボディブローのように徐々にストレスを与えてしまっている可能性もあります。

3.お金にルーズ


貧富の差に関係なく、しっかりとした男性であればあるほど、常日頃彼女の金銭感覚には目を光らせています。
いつも奢ってもらえるという関係性が当たり前になっていたり、お金の面で頼り切っていたりしないでしょうか?よっぽどの大金持ちでもない限り、男性は自分のお金を目当てにされている兆候をかぎ取ると、ちょっと引きます。
「実は借金がある」「生活が苦しい」など、問題を抱えているのでしたら速やかに彼氏にその事実をオープンにしましょう。それを隠して交際し、後からなんとなく発覚するより全然ダメージが少なく済みます。
お金の問題はとてもデリケートで、恋人と言えども簡単に人間関係が壊れてしまうので、うやむやにせずにきちんと事実関係や感覚をすり合わせておきましょう。

まとめ


男性は優柔不断な側面があるからこそ、一度意思を固めて決定してしまうとなかなか撤回しようとしません。
いつまでも一緒にいたいと思うような大切な彼氏であるならば、どれだけ親密であったとしても意識的に「甘えすぎていないか?」など、定期的に自分の行動を見返してみるといいでしょう。
(ライター/吉田ヨシヲ)

当記事はカナウの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ