オリラジ中田、手越会見のスゴさに圧倒 「これはスゴいなあ…」

fumumu

2020/6/26 17:30


中田敦彦

25日、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦さんが自身のサブチャンネル「中田敦彦の2nd YouTube」を更新。「手越祐也さんのYouTube記者会見がすごかった!」と題し、その内容について触れました。

■自分主導の会見に「すごい時代ですね」


19日に記者会見を行ない、その様子をYouTubeにて生配信した元NEWSの手越祐也さん。同時視聴者数130万人超えと人気の高さを証明する配信となりました。

サブチャンネル撮影中にこの放送を観ることになった中田さんは「すごい時代ですね……」と圧倒された様子でコメント。

そして、田原俊彦さんが会見で悪意ある編集をされ、それが猛バッシングにつながったことを例にあげつつ、ノーカットで配信されることの重要性を説きます。


関連記事:中田英寿がYouTubeを開設! 今だから話せるエピソードを続々公開予定

■用意周到さに舌を巻く


また、事務所セッティングの会見ではないため発言に制限がないことや、事前にYouTubeチャンネルを用意しているという準備の周到さについても指摘。

宮迫博之さん、田村亮さんが闇営業問題で会見した際に、ツイッターで生配信するだけで自分のチャンネルを開設するまでには至っていなかったことを比較対象にあげます。

■退所には世代的な問題も?


その後、中田さんは自身と同世代のジャニーズたちの退所が相次いでいることに言及。撮影スタッフから世代との関連性を問われると、うなずいて「30代なかばから後半になってきて、相当身の振り方考えてくる頃なんだと思いますよ」としつつ、「そのなかで一個の選択肢としてYouTubeが入ってくる」とコメントします。

さらに、以前までは事務所を辞めれば番組出演や会見を開くことができなかったものの、今ではYouTubeで自分で番組を作ることさえできると指摘。少し前までは考えられなかった状況に来ていると話しました。

■「手越くん頭いい」「時代は変わるんですね」


中田さんによる解説に対し、コメント欄では「ジャニーズ事務所は、これから若手の登竜門って位置づけになっていくのかな~」「ノーカットで会見した手越君頭いいと思う」「だんだん時代は変わっていっているのでしょうね」など、共感の声が相次ぐことに。

その一方で、「アイドルだからって年齢考える人は多いだろうな」「YouTubeライブで100万超えはなかなかないよな」など、手越さんの人気・実力を再確認したという声も確認できます。

手越さんに称賛を述べつつ、動画終盤ではYouTubeの難しさについても語っていた中田さん。「中田敦彦のYouTube大学」を人気チャンネルに育てた人なだけに、発言の重みも違いますよね。

★中田敦彦さんの動画はこちら

・合わせて読みたい→元旦に芸能人がYouTubeを続々開設 GACKTは「YouTube荒らします」宣言

(文/fumumu編集部・柊青葉)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ