リリー・ローズ・デップと破局のティモシー・シャラメ、年上ラテン女優とバカンスを激写される

人気俳優ティモシー・シャラメに新たなロマンスの噂が飛び出した。今回のお相手はメキシコ出身の美人女優エイザ・ゴンザレスだ。ティモシーは、エイザの母国メキシコでのバカンス中、ホテルのプールサイドでキスを交わすところを『TMZ』にキャッチされた。しかし最近リリー・ローズ・デップと破局したばかりのティモシーだけに、これは「単なる“リバウンドラブ”なのでは?」との声もあがっているようだ。

映画『君の名前で僕を呼んで』(2017年米公開)や『ビューティフル・ボーイ』(2018年米公開)で知られる人気俳優ティモシー・シャラメ(24)。中性的なルックスや透明感のある演技、そして飛び抜けたファッションセンスが人気のティモシーはこれまで、ジョニー・デップ&ヴァネッサ・パラディの愛娘でモデルや女優として活躍するリリー・ローズ・デップ(21)と交際していた。しかし最近になって英版『VOGUE』5月号のなかで「現在はシングルである」と伝えられたことで、2人の破局が明らかになった。

そんななか米時間23日、『TMZ』がティモシーの新たなロマンスを報じた。今回のお相手はメキシコ出身の美人女優エイザ・ゴンザレス(30)だ。『People.com』によれば、ティモシーとエイザは友人らとともにプライベートジェットでカボ・サン・ルーカス入りし、高級リゾート「Chileno Bay Resort」に5泊したという。『TMZ』には2人が水着姿で並んで歩く姿やプールサイドでキスをしあう姿がアップされている。また映画『Going Electric(仮)』でボブ・ディランを演じる予定のティモシーが、エイザの前でギターの腕前を披露する場面も見られたようだ。どの写真も2人の親密さがうかがえるものばかりで関係者も『People.com』に、

「2人とも高級リゾートを満喫したようです。2人が会うようになったのは最近ですが、一緒に過ごす時間をともに楽しんでいるようですね。」

「太陽のもとで美味しい食事を堪能し、リラックスしたようです。2人にとって最高のバカンスです。」

と語っている。また別の関係者はエイザが「交際中だったオーストラリア出身の俳優ルーク・ブレイシーとの破局以降、ティモシーと連絡を取り合うようになった」と明かしていることから、春にリリー・ローズ・デップと破局し“シングル宣言”を行ったティモシーと、互いにタイミングよく交際がスタートした可能性はある。

しかしエイザは2013年、マイリー・サイラスと破局したばかりのリアム・ヘムズワースとラスベガスでツーショットを激写され、その後自宅アパートでキスを交わす姿がキャッチされたほか、2018年にはファーギーと別れたばかりのジョシュ・デュアメルとの熱愛が発覚した過去がある。リアムもジョシュも傷心を癒すために「新たな恋“リバウンドラブ”に走ったか?」と報じられたものだが、ひょっとしたら今回のティモシーもそのパターンかもしれない。傷心男の心に取り入るのがうまいラテン美女エイザ・ゴンザレスと、中性的な外見と肉食男子なプライベートのギャップが激しいティモシー・シャラメ。2人のロマンスの行方には今後も注目が集まりそうである。

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ