世界約6,100万のVisa加盟店で使える「JAL専用Visaプリペイドカード」発行


インコム・ジャパンとビザ・ワールドワイド・ジャパンはこのほど、日本航空(以下、JAL)向けに専用のVisaプリペイドカード「JAL専用バニラVisaギフトカード」を発行することを発表した。

インコム発行の同カードは、世界約6,100万のVisa加盟店(インターネットを含む)で利用できるVisaのプリペイドカード。カード発行時の個人情報の取得や審査が不要で、設定金額は1,000円~10万円の間で、1円単位で自由に設定できる。

JALでは、機材トラブルなどによる大幅遅延や欠航があった際、現金による地上交通費の補償を行ってきたが、顧客が外国籍や海外在住の場合、日本円の現金を必要としないので現金補償は不向きではないかという課題を持っていたという。また、全世界でキャッシュレス化が進んでいる現状などを踏まえ、より利便性の高いVisaプリペイドカードを導入する運びに至ったとのこと。

法人向けに提供するウェブ・アクティベーション・システムを活用すれば、JALから顧客にカードを渡す直前に有効化できるため、JALは現金をあらかじめ準備する必要がなくなり、財務面の効率化が図れるという。カードは有効化するまで使用できないので、現金を金庫等で保管する場合に比べて、管理面での安全性にも優れている。

また、カードの有効化に関する情報がデジタル化されるため、有効化された金額の把握や集計作業などのJALにおける事務処理を大幅に軽減することにもつながるとしている。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ