ハナコ・岡部大、朝ドラ『エール』出演「ドッキリかと思いました」

クランクイン!

2020/6/26 13:30

 お笑いトリオ、ハナコの岡部大が、本日放送のNHK連続テレビ小説『エール』に出演。朝ドラ初出演となる岡部は、窪田正孝演じる主人公・古山裕一に弟子入りを申し込む男を演じている。

岡部が演じるのは、茨城県出身の田ノ上五郎役。裕一の曲が大好きで、裕一に弟子入りしたいと願い出る男で、裕一と同じように、小山田先生の作曲入門を読んで作曲を学んだという役どころとなる。

「出演の話を聞いたときは、まさか自分が“朝ドラ”に出られるなんて、びっくり以外のなにものでもないというか、ドッキリかと思いました」という岡部は、「今回の出演は人生でいちばんうれしい出来事です!もしかしたらキングオブコント優勝よりもうれしかったかもしれません(笑)」と喜び、「ハナコのメンバーにも報告すると、2人とも大興奮してくれました」とも語った。

そして、「事務所の先輩で、トリオとしてもあこがれているネプチューンの(原田)泰造さんみたいにお芝居もできる芸人を目指していきたいなと思っています」と意気込み、「僕が演じる田ノ上五郎は、真面目でまっすぐすぎるところもあるけど、思いやりがあって、周りからも愛される人物です。すてきな役をいただいたので、全身全霊で挑んでいます。不器用な五郎ですが、見守っていただけるとうれしいです」とコメントした。

岡部の起用理由について、本作の制作統括の土屋勝裕は、「岡部大さんにお会いして、弟子入りしたいと願う場面を試しに演じて頂いたのですが、顔を真っ赤にしながら涙を浮かべての迫真の演技に演出陣も納得、その場で出演をオファーしました」と語り、「不器用でもまっすぐに生きる男として、エールに新たな風を吹き込んで頂けると思います。五郎には思わぬ展開が待ち受けていますので、ぜひお楽しみに」とメッセージを寄せた。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ