10日に1回のペースで愛の告白 運命の女神を諦めなかった男の結末とは…

fumumu

2020/6/26 14:30

花束(blanscape/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
かつて『101回目のプロポーズ』といったドラマが一世を風靡し、ロマンチックなプロポーズが恋人たちの定番になりました。

近日、ベトナムにて80回以上告白を敢行した男性が出現。彼の根気強い行いが、大きな話題を呼んでいます。

■2年間告白し続けた男


ベトナムに在住し、ジムのインストラクターを務めるNguyen Chinhさんは2018年、とある女性に一目ぼれしたそう。

運命の女神に出会えた!と信じた彼は、その日から彼女に猛アタックを開始。しかし、彼の女神は「性格が合わない」「彼氏がいる」という様々な理由でのらりくらりと愛の告白を断り続け、ついには2年の年月が経過します。


関連記事:好きじゃなかったのに…男子が彼女と付き合うことにした理由

■その回数、のべ80回以上


2年間の間で約80回「愛してる」「好きだ」「付き合ってください!」と思いを伝え、毎度断られていたNguyenさんですが、彼女への思いは募るばかり。

ある日、自身の心に秘められたありったけの思いを女神に伝えようと決心した彼は全身全霊で誠意をあらわにした「最後の告白」を演出。

その功が奏したのか、ついに良い返事がもらえたんだそうです。

2年で80回ということは、約10日に一回告白していたという計算になりますね。

■最初から好意を抱いていた?


のちにこの女神様は「何回目かの告白で既に好意を抱いていたものの、冗談なんじゃないか、ムキになってるだけなんじゃないかって怖くなっていた自分がいた」と振り返り、Nguyenさんがただのチャラい人なのではないかと心配していたからこそ80回も告白を断っていたと明かしました。

2年間という長い時間ひたすらに愛を伝えてくれたNguyenさんを見て、彼女はこの度結婚まで決意したことがわかっています。諦めなければ夢は叶うことが証明された瞬間とも言えるでしょう。

しかし、これはお互い好意を持っていたからこそ成立する告白。場合によってはストーカーとみなされても仕方のないことかもしれませんので、100%真似してやろう!という方は冷静になって考えてみることをお勧めします…。

・合わせて読みたい→恥ずかしい! 女子が勘違いしてしまった「男子の思わせぶりなLINE」

(文/fumumu編集部・AKO)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ