ランボー最後の“血戦”の時が迫る! 弓・サバイバルナイフ準備万端の本編解禁

クランクイン!

2020/6/26 12:00

 俳優シルヴェスター・スタローンの代表作『ランボー』シリーズの最新作にして最終章となる映画『ランボー ラスト・ブラッド』より、愛する“娘”を拉致した人身売買カルテルとの決戦を目前に、静かに怒りをたぎらせるランボーが戦闘準備を進める本編映像が解禁された。

“伝説の戦闘マシン”、“最強の一人軍隊”の異名を持つランボー。本作では、元グリーンベレーの最強戦士として、幾多の戦いでその名をとどろかせてきた彼の、最後の決戦が繰り広げられる。

いまだベトナム戦争の悪夢にさいなまれる元グリーンベレー、ジョン・ランボー。孤独な戦いを経て、祖国アメリカへと戻ったランボーは、故郷アリゾナの牧場で、古い友人のマリアとその孫娘ガブリエラと共に、“家族”として穏やかな生活を送っていた。しかしガブリエラがメキシコの人身売買カルテルに拉致され、事態は急転。愛する“娘”を救出するため、ランボーは元グリーンベレーのスキルを総動員し、想像を絶する戦闘準備を始めるのだった―。

解禁された映像は、ガブリエラがメキシコの人身売買カルテルに拉致されたことで勃発したランボー対カルテルの全面戦争が、いよいよ最終局面を迎えようとする緊迫のシーン。

武装した構成員を総動員し徹底的に叩きのめす構えのカルテル。一方のランボーは、娘への仕打ちに静かに怒りをたぎらせながら、自身の暮らす農場で敵を迎え撃つ準備を着々と進めていく。愛用する弓の弦の張りを確かめ、サバイバルナイフを研ぐその表情には、孤独に生きてきた男にようやくできた家族の前で見せる穏やかさは消え、かつての伝説の戦闘マシンの鋭いまなざしが戻っていた…。

この戦闘準備と後に続く決戦のシーンについて、エイドリアン・グランバーグ監督は「我々は、ランボーがもの凄い罠を準備するのを見ることになる。そしてその後で敵が倒されていくのを見たとき、準備の場面を思い出すんだ。ランボーがそれぞれの罠で何をするか観客は想像して、思いを巡らせることになるよ。観客にとって、ワクワクと固唾をのむ経験になればうれしいね。仕掛けた罠にどんどんはまっていくから、見ていてとても愉快なはずだ」とコメント。シリーズ1作目で見せた知略を駆使した戦闘シーンを予告している。

映画『ランボー ラスト・ブラッド』は6月26日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ