常に売れ筋の「シエンタ」と「アクア」にそれぞれニューフェイスが登場

IGNITE

2020/6/26 13:00


トヨタの定番コンパクトである「シエンタ」と「アクア」に、それぞれニューフェイスが登場した。



シエンタに追加された新グレード「ファンベース G シエロ」は、3列シート車で好評の「G シエロ」と同様の装備を2列シート車で実現したモデルとなる。



具体的には、LEDランプパッケージをはじめ、合成皮革×スエード調シート(ダブルステッチ付き)、ブレーキサポート機能付きのクリアランスソナーを標準装備としている。



また、その他のグレードにも一部改良のメスが入り、「G」ならびに「ファンベース G」のヘッドランプがLED化され、スライドドアに近づくだけで自動的にドアが開くウェルカムパワースライドドア機能が追加されている。



さらにハイブリッド車では、停電時やアウトドアシーンなどで電化製品を使えるアクセサリーコンセント(AC100V・1500W)がオプションで選択可能になった。シエンタの価格帯は、180万9,500円~258万円。



アクアでは、特別仕様車「S “Style Black”」の安全性を強化すべく、駐車時に周囲を状況を把握しやすくなるパノラミックビューモニターを新たに標準装備としている。



「S “Style Black”」は、特別色のダークブルーマイカをはじめとした全5色のボディカラーと、ブラックを基調としたスタイリッシュな内装が奢られている。価格は206万8,000円。



また、この2台に「ポルテ」と「スペイド」を加えた4車種に設定されている特別仕様車「GLAMPER(グランパー)」という選択も、アウトドア派にはピッタリだろう。

(zlatan)

画像元:トヨタ自動車

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ