限定992台の「911タルガ4S ヘリテージデザインエディション」は、細部へのこだわりが半端ない

IGNITE

2020/6/26 13:10


ポルシェオーナーの夢を叶え、時にわがままなリクエストにも応えてくれるポルシェ・エクスクルーシブマニュファクチャーが、伝統に敬意を表した新シリーズ「ヘリテージデザインエディション」をリリースした。



その第一弾は日本で発売されたばかりの「911タルガ4S」で、タイプ992というコードネームにちなんだ限定992台が生産される。

「911タルガ4S ヘリテージデザインエディション」は、1950年代と1960年代初頭のデザインエレメントを備えた“最新の911”として仕立てられている。



ボディカラーには、専用のチェリーメタリックをはじめ全5色を設定。ボンネットにはレーシーなラインがヘッドライトに向かって走り、ボディサイドには遠目からでも視認できるスタートナンバーが奢られる。

初期のモータースポーツからインスパイアを受けたというこのスタートナンバーは、オーナーが任意で好きな数字を選ぶことができる。



また、永遠の輝きを主張するようなゴールドのブランド&車名ロゴのほか、リアのエンジンリッドにはヘリテージデザイン専用エンブレムも装着される。さらにブレーキキャリパーをクラシックなブラック塗装にするなど、細部まで徹底的にこだわっている。



上質なレザーで包まれる内装は、ボルドーレッド×ベージュもしくはブラック×ベージュの2パターンを設定。ここでも伝統へ敬意を表し、1950年代に「ポルシェ356」で使用された素材であるコーディロイをシートセンターやドアトリムに奢っている。



メーターパネルには、あえてアナログ式のレブカウンターを採用し、「ポルシェ356」を想起させるグリーンの数字を浮かび上がらせている。また、ダッシュボードトリムにはシリアルナンバーを刻印したプラークを装備し、所有欲を極限までくすぐってくる。

また、ボンネットやホイールセンターキャップ、ステアリングホイール、車両キーには、1963年当時のポルシェクレストが採用されている。



パワートレーンは、最高出力450ps/最大トルク530Nmを誇る3.0Lの水平対向6気筒ツインターボに、8速PDK(デュアルクラッチ)とスポーツAWDのポルシェ・トラクションマネジメントシステムを組み合わせる。



ハンドル位置は左/右が用意され、価格は2,616万円。また、このモデルに合わせ、オーナー専用の高級クロノグラフも992本限定で制作されている。

(zlatan)

画像元:ポルシェジャパン

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ