好きな人といい感じ! …でも距離が縮まらない「4つの原因」って?

ウレぴあ総研

2020/6/26 12:00

せっかくいい感じの男性がいるのに、なかなか距離が縮まらない。

頑張っているのに、いつまで経っても距離を感じてしまう。

こんな悩みを抱いている女性、少なくないのではないでしょうか。

今回は、実際に男性に聞いてみた意見をもとに、あなたといい感じの男性の距離が縮まらない原因をご紹介します。

■いい感じの男性と距離が縮まらない……その原因って?

■1:生活サイクルが合わない

「僕の会社は始業が早いので、夜は早めに寝るタイプ。

でも、前にいいな、と思っていた女の子はサービス業で、昼過ぎから終電までの仕事、という生活でした。

こうなると、生活サイクルが合わないので、いくらいいな、と思っていてもなかなか進まない。

彼女は休みも不定休で、僕は土日だったのもタイミングが合わなくて。自然と疎遠になってしまいましたね」(29歳/営業)

生活サイクルが合わなくても、お互いの気持ちがあれば問題ないのでは?と思いがちですが、付き合う前になかなかタイミングが合わないと、男性側の気持ちはどんどん冷めていってしまうようです。

仕事が原因となると、歩み寄るにも限界がありますし、思い切って自分の生活サイクルを変えてみないと距離は縮まらないのかも……!?

■2:焦りが男性に伝わっている

「女性から好き好きアピールを過度にされると、追う気がなくなってしまう。

男は匂わせられるくらいの、思わせぶりな女性が好きなので(笑)」(26歳/バイヤー)

「好き!」という好意を全面に出してアプローチするのは、焦っているような印象を与えてしまい、男性が逆に逃げたくなってしまうようです。

良かれと思ってしている、過度な好きアピールや、連絡のしすぎは、逆効果。

男性が追いたくなるような、さりげなく好意を見せるアプローチに変更しましょう。



■3:男性のことが好きすぎて、自分を抑えすぎている

「何に対しても、『私もそう思う!』と同意したり、どうしたい? と聞いても『〇〇くんの好きな方でいいよ』と答えたりされると、一緒にいてつまらないな、と思っちゃう。

心を開いてくれてないのかな? って気になります。そのままだと、距離も縮まらないですよね」(27歳/営業)

相手のことが好きすぎて、嫌われたくないから自分を抑えて、相手の意見につい合わせてしまう。

恋心としては分からなくもないですが、本音を見せてくれないから距離を感じる、という印象を与えてしまうようです。

本音で話すことができないと、いつまで経っても壁を感じてしまいますし、距離も縮まらないですよね。

時には、自分の意見をきちんと伝えることが大事。

しかし、相手の男性の意見も認めながら伝えることに注意しましょう。相手の意見を否定しているような印象を与えてしまっては、本末転倒です。

■4:恋愛に踏み込んだ親密な会話ができていない

「世間話や趣味の話ばかりで、深い話ができていないと、いつまで経っても距離を感じる。

こちらが一歩踏み込んでも、あまり答えてくれなかったり、話をさりげなくそらされたりすると、恋愛対象外なのかな?と思ってしまう」(31歳/不動産関連)

このように、気になる男性との会話の内容に原因がある場合もあります!

当たり障りのない話や、楽しい話ばかりしていませんか?

せっかく気になっている男性との会話なら、少し恥ずかしくても恋愛について、一歩踏み込んだ深い話をしてみましょう。

会話をするなら、お互いのことをもっと知ることができることを心がけると良いかも。



せっかくいい感じの男性がいて頑張っているのなら、チャンスを無駄にはしたくないですよね。

今回ご紹介した原因に当てはまっているようであれば、その原因を解消できるよう、今一度改めてみてはいかがでしょう。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ