優宇(プロレスリングEVE)インタビュー 女子レスラー屈指のパワーファイターがリアルジャパン初参戦! 「女子も男子もプロレスラーはすごいというのを見せたい」

SPICE

2020/6/26 10:19


『初代タイガーマスク 佐山サトル ストロングスタイルプロレス Vol.6』
6月26日(金)大会(無観客試合)

《一般社団法人国家資格対策センターPresentsスペシャルタッグマッチ30分1本勝負》
朱里(MAKAI)&尾崎妹加(フリー)
vs
松本都(崖のふち女子プロレス)&優宇(プロレスリングEVE)


――6月26日、RJPWに初参戦となる優宇選手ですが、リアルジャパンという団体を知っていましたか。

「前回(3・19後楽園ホール)、朱里さんたちの女子の試合が組まれたときに、女子もやるんだということで、そこで初めて興味を持ちました。恥ずかしいんですけども、それまでは名前を聞いたことがある程度でした」

――3月の試合がRJPW旗揚げ15年にして初めての女子の試合だったんです。

「そうなんですよね。そのことを自分はあまり知らなくて、前回自分が初めて興味を持った試合が初めての女子の試合だったんだと驚きました。でも、興味を持ったところでオファーをいただいて、すっごいうれしかったです」

――興味を持った直後にオファーが来たと。

「そうなんですよ! うれしいですね」

――どんなイメージがありますか。

「名前がリアル、リアルジャパンじゃないですか」

――リアル、というところに引っかかる?

「ええ。リアル(本物)ですよね。その団体に出てる方々のメンバーを見せていただいてもそうそうたるメンバー、素晴らしい方ばかり。出ている方だけではなく、見ている方もむかしからプロレスを見ている人が多いんだろうなっていうイメージがあります。むかしからプロレスが好きで、むかしから応援している方が多いんだろうなって思います。なかでもとくに男性が多いんだろうなと思います。そういうイメージがありますね」

――初代タイガーマスクが活躍していた時代から。

「そうですね」

――優宇選手はもちろん初代タイガーマスク選手をリアルタイムでは知らない世代ですが。

「そうです。佐山サトルさんが初代タイガーマスクということは存じ上げているんですけど、まさか自分がプロレスラーになって初代タイガーマスクと接点が生まれるなんて思ってもいなかったので、すごい団体に出させてもらうんだなと思っていますね」

――なぜ選ばれたのだと思いますか?

「なんでですかね? どうなんでしょうか…」

――プロデュース、マッチメークを担当したのは松本都選手です。

「そうですよね。松本都選手とちゃんとお会いしてお話しするのも今回が初めてで。それだけに驚きました」

――対戦相手のひとりである朱里選手とは?

「朱里選手とはいろんな団体でやってます。それこそ一週間で6日間会ってたこともあるくらいなんですよ(笑)。公私ともに御世話になってて、私のお姉ちゃんのような存在だと思ってるんですね。なんでも相談ができる先輩です」

――もうひとりの対戦相手はこちらもRJPW初参戦の尾﨑妹加選手ですが。

「尾﨑妹加選手は最近一番闘いたい相手、となりではなく対角に立って試合をしたいと思っていた選手なんですよ。パワーリフティングをやっていたことも知ってましたし」


――タッグを組む松本都選手は?

「松本都選手はちょっとぶっ飛んでるところがありますけど、自分は柔道を20年をやってきたので、それで呼んでいただけたのかなあと思ってます」

――ストロングスタイルのイメージに合ったのでは?

「もしお客さんや選んでくださった松本都選手が、ストロングスタイルというイメージに自分が当てはまると思ってもらえているのなら私はすごく光栄ですし、うれしくて、自信になります」

――姉のような存在の朱里選手と対戦することについてはいかがですか。

「朱里選手と対戦するのは毎回ワクワクします! できたら朱里さんは対角にいてほしい選手。やっぱり自分が使わない、使えない蹴りの部分でもカッコいいじゃないですか。私、すごい小さいときから、朱里選手がKGのときから見てますからね(笑)」

――ハッスルのKG。

「ハイ、見てました! だからなんかすごく感慨深い。UFCも見てましたし。女子のストロングスタイルの中ではもう王道だなと思ってるので。試合で蹴りを受けたときの痺れる感じが(たまらない)。痛いんですけどね、やめられないなと。朱里さんとの試合はホントに楽しいんですよ。だから今回もワクワクしてます」

――なるほど。尾﨑選手とは初遭遇ですか。

「そうなんです。この対戦は未知ですね。パワーの部分(で共通点がある)。尾﨑選手とはしかも同い年なんです。最近わかりました。やはりパワーでお互い負けたくないと思うので、そこを今回、リングで肌を合わせられるのがいまから楽しみですね。ホントに楽しみです、この試合」

――新たなストーリーが始まるかもしれない。

「ハイ。そうですね。このチャンスを与えてくれたRJPWさんに感謝してます」

――その機会を与えてくれた松本都選手。パートナーとしてはどうですか。

「そうなんですよ、タッグパートナーなんですよ。記者会見のあの内容って、いやあ、おもしろいですよね。この試合の話をする場で『新間会長と試合をさせてくれ』って。みんな笑ってたと思うんですけど、もう、自分も笑いが(止まらなかった)。でもすごい本気で熱くて、なんか新しい道をRJPWに作ってくれるんじゃないですかね」

――そういう意味ではプロデューサーとしての存在感が増している?

「そうですね」

――優宇選手も今後RJPWに継続参戦したいですか。

「その気持ちはこの時点からすごくあります。魅力がすごく詰まってますよね。私、プロレス(のすべて)が根本的に好きなんですよ。男子のプロレスも大好きで小さい頃から見てますし。ただ、男子ファンばかりの男子の団体ってあると思うんですよ、たぶんRJPWさんもどちらかというと男性ファンの方の割合が多いと思うんです。女性の割合は少ないと思うんですよね。そういう団体のファンの方で女子プロレスをどれくらい見ますかとなったときに、女子プロも見るよっていう人ってどのくらいいるのかなと考えたら、あくまで私の個人的予想ですけども、たぶん少ないと思うんです。ただそれは、食わず嫌いじゃないですけど観たことないから観ないとか、偏見があるとかじゃなくて、観る機会がないから観たことない人が多いのではないかと思うんです。なのでこの機会に観てほしいし、とくに今回はふつうに会場へ行くよりも(配信で)手軽に観られるじゃないですか。そのときに女子の試合っておもしろいじゃんって思ってもらいたいんですよ」

――優宇選手はおもしろいと思わせたいと同時に、すごいと思わせたいのでは?

「そうですね。女子にしかできないというのはわからないんですよ、自分も。まだ女子にしかできない試合ってなんだろうというのも私にはわからないんですけど、プロレスに女子も男子もないじゃんみたいな、女子すごいじゃんというか、プロレスラーすごいじゃんと思ってもらいたいんですね。プロレスラーに女子と男子の差がないといったらあれなんですけど、女子もすごい、女子も男子もプロレスラーってすごいよねというのを見せたいです。そういう試合を(次は)会場で観てほしいです」

――配信での観戦が、会場に来るきっかけになってほしいと。

「そうです。きっかけ作りになりたいです、自分は」

――RJPWでの女子継続という意味でも朱里選手はベルトを新設してほしいと発言しています。実現した場合、優宇選手も狙いたいのでは?

「狙いたいですね! それを朱里さんが言っているのであれば、朱里さんが中心となっていくのであれば、私もそこに喜んで巻き込まれたいですね!」
(聞き手:新井宏)



【対戦カード】
<第5試合 メインイベント 60分1本勝負>
[RJPW軍]vs[藤田軍]全面対決!
[RJPW軍]スーパー・タイガー(RJPW)&船木誠勝(フリー)&アレクサンダー大塚(AO/DC)&“仮面シューター”スーパー・ライダー(RJPW)
vs
[藤田軍]藤田和之(第14代レジェンド王者/はぐれIGFインターナショナル)&ケンドー・カシン(はぐれIGFインターナショナル)&杉浦 貴(杉浦軍)&NOSAWA論外(杉浦軍)

《第4試合 セミファイナル UWAアジアパシフィックヘビー級選手権試合 60分1本勝負》
【王者】間下隼人(RJPW)
vs
【挑戦者】横山佳和(VOODOO-MURDERS)

《第3試合 タッグマッチ 30分1本勝負》
雷神矢口(浅草プロレス)&将軍岡本(VOODOO-MURDERS/ブードゥー・マーダーズ)
vs
ロッキー川村(パンクラスイズム横浜)&岩崎孝樹(ガンバレ★プロレス)

《第2試合 一般社団法人国家資格対策センターPresentsスペシャルタッグマッチ30分1本勝負》
朱里(MAKAI)&尾崎妹加(フリー)
vs
松本都(崖のふち女子プロレス)&優宇(フロレスリングEVE)

《第1試合 シングルマッチ 30分1本勝負》
日高郁人(プロレスリングZERO1)
vs
鈴木秀樹(一時解雇中)

※出場選手/対戦カードは変更となる場合がございます。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ