プリンス、未発表音源を多数収録した『サイン・オブ・ザ・タイムズ』のスーパーDX盤発売

Billboard JAPAN

2020/6/26 10:00



プリンスの最高傑作との呼び声も高い、1987年発表の2枚組アルバム『サイン・オブ・ザ・タイムズ』に未発表曲、未発表ライブ、未発表ライブ映像を収録した、スーパー・デラックス・エディションが、2020月9月25日に発売される。

アルバム『サイン・オブ・ザ・タイムズ』は、自身のバンドのザ・レボリューションを解体し、自らのレコーディング・スタジオ、ペイズリー・パークを建設するなど、プリンスが新たなキャリアをスタートさせた、1987年発表の2枚組アルバム。

今回リリースとなる、スーパー・デラックス・エディションは、8枚のCDに収録される92曲のうち、63曲が未発表トラックで、そのうち45曲が1979年5月から1987年7月までにレコーディングされたスタジオ曲である。オリジナル・アルバムは、バーニー・グランドマンにより、リマスターされている。

未発表来ライブ音源は1987年6月20日に、【サイン・オブ・ザ・タイムズ・ツアー】の一環として、オランダ・ユトレヒトで収録されたもの。また未発表ライブ映像は、ツアーの最後を飾るもので、1987年12月31日にペイズリー・パークで収録され、マイルス・デイヴィスとのステージでの唯一の共演も収められている。

パッケージは12インチBOX仕様で、120ページのハードカヴァー・ブックレットには、プリンスの手書きの歌詞、ジェフ・カッツによる貴重な未公開写真を収録。そのほか、デイヴ・シャペル(俳優・コメディアン)、レニー・クラヴィッツ、スーザン・ロジャース(レコーディング・エンジニア)、ダフネ・ブルックス(イェール大学教授)、アンドレア・スウェンソン(米ミネアポリスの音楽評論家)、デュエイン・チューダール(プリンス研究者)の英文ライナーノーツを収録している。

アルバムから先行して、「ウィットネス・フォー・ザ・プロセキューション(ヴァージョン1)」もデジタル配信となっている。なお、CD1からCD3だけを収録した、デラックス・エディションも同時発売となる。

◎リリース情報
アルバム『サイン・オブ・ザ・タイムズ:スーパー・デラックス・エディション』
2020/9/25 RELEASE
WPZR-30884/892 / 18,000円(plus tax)

Photo credit: (C) The Prince Estate | Photographer: Jeff Katz

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ