二人の男性に言い寄られ選んだのは…今でも後悔している過去

fumumu

2020/6/26 10:00

叫ぶ女性(Nastia11/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
これまでの人生の選択で、すべて正しいものを選んだ自信がある人は少ないはずです。なにかしらの後悔を抱えながら、人々は生きているのでしょう。

■「後悔ばかりの人生」4割近く


fumumu編集部では全国10~60代の男女1,880名を対象に、後悔ばかりの人生か、調査を実施しました。

後悔ばかりの人生グラフ

「後悔ばかりの人生だ」と答えた人は、全体で38.7%でした。

fumumu取材班は女性達に、今でも後悔している過去について話を聞きました。


関連記事:「こんな会社辞めてやる!」と思ったら。退職を後悔しないためにするべきこと

(1)二人の男性に言い寄られ


「2年ほど前に、同時期に二人の人から言い寄られたことがありました。そして、話していて楽しいと思った男性を選んだんです。


付き合っていくうちに、その人は女性関係にだらしない人だとわかりました。何度も浮気をされた末に、結局は別れることになったんです。


あのときにもう一人の人を選んでいれば、もっと違う展開になっていたのかもしれないと考えてしまいます」(20代・女性)

(2)今の会社を選んだこと


「半年ほど前に、今の会社に転職しました。ステップアップのための転職だったのですが、仕事の内容はともかく人間関係が悪すぎてストレスがたまるばかりの職場です。


こんなことなら転職せずに、前の会社にいたほうがよかったなとずっと後悔しています。もう少し様子を見ながら、我慢の限界がくる前に他の会社を探そうとも思っているくらいです」(20代・女性)

(3)泥酔して道端でダウン


「1年ほど前、飲み会で飲みすぎてしまいました。記憶もほとんどないのですが、どうも道端で寝転がって動かなくなったらしくて…。


男性達ががんばって担いで、一番近くに住む友達の家に連れて行ってくれたそうです。迷惑をかけてしまい、とても反省しています。


それから、無理なお酒の飲み方はしないように気をつけているんです。また同じことを繰り返すと、さすがに周囲の人に引かれてしまいますからね」(20代・女性)


後悔を繰り返しながら、人は大人になっていくのでしょう。

・合わせて読みたい→今となっては後悔している…勢いだけの「浅はかな行動」3選

(文/fumumu編集部・ニャック)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2020年4月24日~2020年4月27日
対象:全国10代~60代の男女1,880名(有効回答数)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ