どうしていつも…「片思いのまま」終わってしまう原因

愛カツ

2020/6/26 09:45


好きな男性ができても、片思いのままで終わってしまうことが多いという女性も少なくないでしょう。

でも、考え方や行動を少し変えてみたら、片思いから抜け出すこともできるかもしれません。

そこで今回は、片思いのまま終わってしまう原因を紹介します。

どうしていつも…「片思いのまま」終わってしまう原因

■ アプローチしているつもり

自分ではアプローチをしているつもりでも、相手にそれが全く伝わっていなかったら、アプローチをしていないのと同じこと。

好きな男性を前にすると緊張もするでしょうから、自分で思っているような言動が取れていないケースもあります。

ちょっと近づいてみただけ、軽く話しただけ、話しかけられて笑顔で応えただけなどでは、アプローチとまでは言えないでしょう。

そういったことで満足してしまわずに、少しずつでももっと積極的な言動が取れるようになると、きっと相手の男性もあなたを意識するようになりますよ。

■ 原因を探らない

片思いが実らないことが多いのであれば、あなたにも何かしらの原因がある可能性は高いです。

そこを改善しないままでいたら、結局はいつまでも片思いからは抜け出せなくなってしまうかも。

アプローチがわかりにくい、付き合う前から重すぎる、相手のダメなところばかりを見ているなど、直したほうがいい部分がわかれば恋愛にも変化が訪れるもの。

改善点に気づけない場合は、仲の良い友達に聞いてみると、自分では見えていない部分を指摘してくれたりしますよ。

■ 「嫌われたくない」と思いすぎる

「嫌われたくない」と思いすぎる

好きな男性に対しては、誰だって「嫌われたくない」という思いを抱くことでしょう。

ただ、その思いがあまりにも強くなりすぎると、だんだん嫌われることに恐怖感を持つようになってしまいます。

それではアプローチをする勇気が出なくなるし、好きな男性の前ではただドギマギするだけで終わることになるはず。

嫌われないようにと取り繕いすぎるよりも、自分らしさや素直さを見せたほうが、男性に魅力的に感じてもらえるものですよ。

■ 「いつかきっと」に期待している

ずっと待ちの姿勢のままでいるのでは、片思いで終わってしまうことも多くなるでしょう。

「いつかきっと振り向いてくれる」という淡い期待を抱いて、自分からは一切動かない状態だと、結局何も起こらずに時間ばかりが過ぎていくだけ。

少しずつでいいので、関わりを持ったり好意を示したりはしていかないと、男性はあなたの存在を特別に意識はしないはず。

自分に好意や興味を持ってくれている女性のことは、男性も気になり始めるものなので、恋愛が動き出す可能性だって出てきますよ。

■ おわりに

やはり何も行動をしないままでは、状況も変わることはないでしょう。

一歩踏み出してみることで、好きな男性と仲良くなるきっかけが生まれれば、恋愛へとも発展させやすいですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)

当記事は愛カツの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ