綾野剛&星野源、『MIU404』放送開始に喜びと感謝! 医者から刑事へ…振り幅にも手応え


●自粛期間に増した絆「チームが仲間に」
俳優の綾野剛と俳優・音楽家の星野源がW主演を務めるTBS系ドラマ『MIU404』(毎週金曜22:00~)がきょう26日にスタートする。2017年10月期に放送された医療ドラマ『コウノドリ』(TBS)以来2年半ぶりの共演となる2人が、今度は刑事ドラマでバディを組む。放送開始を前に、本作への思いや現場の様子、お互いへの思いなど、2人に話を聞いた。

『逃げるは恥だが役に立つ』『アンナチュラル』(ともにTBS)などで知られる脚本家・野木亜紀子氏のオリジナル脚本による一話完結ドラマで、初動捜査のプロフェッショナルである警視庁の機動捜査隊(通称:機捜)が、24時間というタイムリミットの中で事件解決を目指す物語。警視庁には現在3つの機動捜査隊が存在するが、本作は、警視庁の働き方改革の一環で作られたという架空の設定の臨時部隊「警視庁刑事部・第4機動捜査隊」が舞台だ。

機動力と運動神経はピカイチだが機捜経験がなく、刑事の常識にも欠ける伊吹藍役に綾野、常に先回り思考で道理を見極める志摩一未役に星野。2人はこの第4機捜でバディを組み、第1~3機捜のヘルプだけでなく、捜査1課などの各部署のヘルプも行う。『コウノドリ』では正反対な性格ながら、心から信頼し合う産婦人科医役を優しく演じた2人が一転、破天荒な“機捜バディ”としてガチンコバトルを繰り広げる。

本作は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため約2カ月間撮影を休止し、放送延期となっていたが、6月に入ってから感染対策を行いながら撮影を再開。そしていよいよ、放送開始を迎える。

――撮影が再開し、ようやく放送がスタートする今の心境をお聞かせください。

綾野:本当に感謝の一言です。撮影が再開できたということ、そして、今日まで撮ってきたものをちゃんとみなさんにお届けできるという、エンターテインメントに関わっている人間としての僕たちの役割を再開させてもらえたということに対して、ものすごい感謝があります。だからこそ、現場の熱量もすごい高く、僕たちが今できる最高のパフォーマンスをみなさんに届けるという気持ちでいっぱいです。

星野:とにかくうれしいです。撮影が休止になる前に2話分くらいできていて、それを放送前に、しかも落ち着いている自粛期間に客観的に見ることができ、いかにこの作品が今までにない刑事ドラマになっているかということや、見ている人たちが楽しみながら自分たちの生活や今の社会について考えるきっかけになるような、すごく連続テレビドラマならではの面白い作品になっていて、とにかく届けたいなってずっと思っていたんです。こうやってみんながまた集まれて撮影再開できたことと、やっと放送できることが本当にうれしいです。

――撮影中断している間、キャストやスタッフの方々とどのようなお話をされましたか?

綾野:必ず再開するんだという気持ちを1日たりとも忘れたことはなかったですし、源ちゃんとも連絡をとらせていただいて、時間が生まれたことによって野木さんもより良質な台本を書ける時間が伴っていて、それを読んだっていう話や、1、2話を見て「自信を持って出していきたいね」とか。スタッフのみなさんとも連絡を取り合い、コロナ対策の情報共有などいろいろなことを話し合っていました。なので、『MIU404』が再開しないというイメージはまったくなかった。もちろん恐怖はありましたが、源ちゃんにもスタッフのみなさんにも助けてもらい、だからより熱が高いのかなと思います。

星野:3月末と4月頭のあの空気は絶望的なものだったと思います。その頃、僕らが一番大切にしていたのは命で、これ以上コロナを広げないこと。自分だけではなく人の命を危険にさらさないこと。監督やプロデューサーと電話で、頑張ってこの時期を乗り越えてできるときになったら全力で撮影しようね、っていう励まし合いながらしていた記憶があります。

――コロナという不測の事態に立ち向かう上で、お互いが相棒で心強かったなと感じたことを教えてください。

綾野:休止になっている理由がお互いちゃんと納得できているということだと思います。まずは命が大事。緊急事態宣言の前に休止を決め、現場の指揮官である塚原(あゆ子)監督と新井(順子)プロデューサーがそこに対してまったくブレなかった。守らなきゃいけないものなんだろうっていうベクトルがみんな一緒だったから何も僕は違和感がなかったし、源ちゃんとそこのコンセンサスはとれていたと思います。

星野:撮影中止になった日に、帰りの車の中で電話したよね。そのときに正直な気持ちを話せたのはすごく良かったなと。まずはこの事態を納めることが一番大事。でもやっぱり悔しいよねって。2カ月くらい頑張ってきたものが、あのときはこのまま終わる可能性もあったので。でも、僕は3月の頭から既に撮影してていいものか悩みながら現場に行っていて。その後、中止と言う決断の元でみんながいろんなことを思い、そこからの自粛期間の中でチーム全員の気持ちが熟成されてチームが“仲間”になっていったんだと思います。だから再開したらチームができあがっている状態だったので、ブランクがある感じがしなかった。この3カ月がなかったかのように始まっている感じがあり、信頼できる仲間たちと一緒に撮影できているのはよかったなと。それは外出自粛期間が育ててくれた部分がすごくあるなと思います。

●機動捜査隊の魅力とカーアクション秘話

――本作は機動捜査隊(通称:機捜)の物語ですが、機捜のイメージは変わりましたか?

綾野:源ちゃんは機捜の人と会っていたけど僕はそういうことをしていなくて、『ドラゴンボール』など少年漫画ばっかり読んで伊吹を形成していきました。気づいたことは、最悪なケースになる前に止められる可能性が初動捜査にはあり、すでに最悪のケースが起こってしまっていても、二次被害を止められる部署が、とても伊吹に合っているような気がしました。また、事件を起こしてしまった犯人がどういう人なのかということよりも、なぜ事件を起こしてしまったのか、そこから目をそむけないという姿勢でやられていることを、このドラマで機捜に触れて体感させられています。

星野:僕はそもそも機動捜査隊を知らなくて、でも知らない人も多いと思うんですよね。捜査一課はドラマや映画にもよく出てくるのでみなさん見ていると思いますが、その捜査一課の人たちが出ていく前に機動捜査隊が初動捜査をするということを、設定資料をもらったときに知り、しかも24時間勤務で、そこから数日空いてまた24時間勤務という、不思議な勤務体制も含めて面白いなと思ったし、なんてドラマ向きなんだろうと思いました。24時間の中で2人の主人公が解決するぞっていうところで、観ている人の気持ちもどんどん盛り上がっていきそうだなと思いました。

――星野さんは実際に機動捜査隊の方にお会いしたんですね。

星野:元機捜の方とお会いできました。すごく優しい方でしたし、すごく普通の人間の方だったんですけど、やはり目の奥が、命をかけて戦ってきた人の目をされているというか、言いようのないオーラを発していて、自分たちには想像が及ばない部分があるんだろうなと思いつつ、相棒がいかに大事かという話をしてくれたときに、そこは自分にもわかる部分だなと思いました。(相棒とは)「家族以上に一番長くいる人になるから、何から何まで全部話す」っておっしゃっていました。ずっと車の中にいて何かあったら出ていく。主体がトークで、相棒の仲も深まるというのは、ドラマの中で生かせるなと。警察官は当たり前に人間だというのが、ストーリーの中でもすごく出ていると思います。

――演じている役の印象を教えてください。

綾野:伊吹はとにかく機嫌がいい人。あとは、切り替えが早いですね。ネチネチしていない、そんな悩まない、そういうメリハリが利いている人で、こういう友達がいっぱいほしいなって思うくらい。自分が語る以上のことを芝居でやってしまっているので、そんなに語れることがないんですが、とても魅力的で、物語を引っ張る力を持っているキャラクターであるのは間違いないです。

――演じていて楽しいですか?

綾野:あんまり演じているという感覚はないです。役作りという役作りもしてないですし、とりあえず少年漫画を読んでいて、最近は青年漫画もちょっとずつ入れていっていますけど、本当にそれくらいで(笑)。自分を捨てて役になりきるのはとてもいいことだと思いますが、僕はそのやりかたも散々やってきてもういいかなと思ったので、自分のいいところを伊吹にもアウトプットして、僕と伊吹を合体させていく。より自分らしくやらせてもらっていて、源ちゃんがいるからそういう風に思えたというのもあったと思います。

――星野さんは志摩の印象はいかがですか?

星野:ものすごく推理力と思考力が高くて、刑事に向いていて、優秀な男。もともとは捜査一課にいたんですけど、いろいろあって4機捜に来るというところから話がスタートします。彼はパッと見、だらっとしていて、言葉遣いも荒く、人に対して熱く語るようなところはないと見せかけておきながら、捜査になると急にものすごく熱くなったりとか、急にすごい推理を発揮したりする。その中で、闇をずっと背負っているところがあって、なぜ彼がこうなっていったかだんだん明らかになっていきますが、演じていてすごく楽しいです。

――野木さんの脚本の魅力はどのように感じていますか?

綾野:脚本が面白いのは当然なんですけど、脚本より映像化したほうが面白くなるように作られているのかなっていうくらい、映像化したことで完結する脚本だということが前提になっていると思いました。カット割りが普通のドラマの倍くらい多く、かつ、セリフがかぶることってなかなかないんですけど、ダブルトークでやっていたり。空間をどうしていくか、現場にいろんなアイデアを生み出させる台本だと思います。

星野:僕は野木さんの作品は3作目なんですけど、僕は野木さんの人間性がまず好きなんです。あと、表現への姿勢が。根底に伝えたいことがあったり、今この物語を世の中に放つといいことがあるんじゃないかという、強いメッセージがいつも込められている。それを1話完結の連ドラに組み込むエンターテインメントの技量もすごい。読んでいるだけでワクワクドキドキします。

――予告を見ても、カーアクションが激しいなと。撮影の感想やエピソードを教えてください。

綾野:いやーすごいよね、源ちゃん。やりながら自分たちでも驚くほど。まずは、何に感謝しないきゃいけないかっていうと、ああいうカーアクションを撮らせてくれる街や自治体ですよね。場所はさまざまなところで撮っています。『西部警察』や『あぶない刑事』などとも違うコンプライアンスの中、2020年のカーアクションスタイルという意味では、スタントのみなさんと僕たちのコラボレーションが明確になっています。CGではどうにも出せない、重力に立ち向かっている車の感じをしっかりと描いていて、しびれます。僕と源ちゃんどっちもドリフトのシーンがあるんですけど、テンションぶちあがりますね。

星野:1台大変なことになるからね (笑)。そういうことをテレビドラマでは最近全然ないなと思っていて、台本見たときにどこまでやるんだろうと思っていたけど、ここまでやるんだって。みんなで工夫して安全に、でも、今までにない面白いものを作るぞという情熱をすごく感じるし、企業秘密なくらい面白い撮り方をしているんですよ。撮影の仕方もたぶん今までに誰もやっていないようなやり方で、それもあって今までに見たことのない映像になっていると思います。

●2人の関係性とは!? 米津玄師主題歌の魅力も

――お2人は『コウノドリ』以来2年半ぶりの共演ですが、本作でのお互いの演技をどのように感じていますか?

綾野:まず、もう2年半も経っているんだなっていうことに驚いています。

星野:あまりそういう感じしないもんね。

綾野:連絡を取り合っていたという一言では終われない感覚というか、命を扱う『コウノドリ』という作品でともに戦ってきた戦友であるという感覚が強いというのもありますが、今回源ちゃんの新しい魅力を、役者だけでなく音楽だとかいろんなエンターテインメントに関わってインプットしてきたものを、新しいドラマにアウトプットできる臨機応変さは本当に学ぶことが多いです。真摯にお互い向き合いながら成熟している部分と未熟な部分をお互いで埋め合うときもあれば、あえて見せつけたときにそっと寄り添い合える。僕にとってこのドラマでは必要不可欠な人だし、とても感謝しています。

星野:『コウノドリ』のときは僕はほとんどしゃべらない役でしたし、今回は2人とも全然違う役で、単純に会話の芝居がたくさんできるっていうのはすごく楽しいし、ここまで振り幅が違うところに2人で行っているのは、見てくださる方々もきっと楽しんでもらえるんじゃないか、この違いを含めて早く届けたいという思いがすごくあります。4機捜の面々は笑っちゃうくらい凸凹で、みんなバラバラ(笑)。かぶっている人が1人もいないというか、みんな各方面行ききっているような人なので、見ていて面白いと思いますし、演じていてとにかくすごく楽しいです。

――プライベートで印象に残っているお2人のエピソードがありましたら教えてください。

綾野:ふとした瞬間に連絡をとるんですよね。なんでもない電話を源ちゃんにして、「今日こういうことあって」「最近何してたの?」って話をするような仲で、なんとなく互いに機微をキャッチできるということが、僕たちの柱になっている気がしています。共演者というところからスタートした関係だからこそ、源ちゃんが喜んでいたら一緒に分かち合いたいと思うし、源ちゃんが苦しんでいたら盾にも剣にもなりたいと思う。しょっちゅうご飯にいくから仲がいいとか、そういう次元ではないです。

星野:いわゆる一緒にご飯に行ったり飲みに行ったりはほとんどしないんですけど、僕のインスタにめちゃくちゃ「いいね」してくれるんですよ。そんなに? っていうくらいいち早く「いいね」してくれて。また、僕が何かを発表したときに直接LINEで感想をくれたりするんです。自分がやっている仕事に対してリスペクトしてくれているんだなってすごく感じますし、僕も彼の仕事ぶりはいつも見ていますから、飲みに行こうぜっていうのとはまた違う種類のつながりがあると思います。

――第1話で初お披露目される米津玄師さん書き下ろしの主題歌「感電」も注目されていますが、お2人は楽曲を聴いていかがでしたか?

星野:歌詞も含めて、ものすごく『MIU404』の世界観を意識しているというか、このドラマでかかることをすごく意識して作られた曲だなって思いました。主演の2人、そして物語をすごく含めた歌詞だったり音の世界観だったりするので。僕は、ドラマや映画の主題歌を作るときは、ただタイアップにならないように、ちゃんとその作品の世界観の中で響いたときに、よりその物語や自分の音楽が広がるようなものにしたいと思っているので、それを米津くんもやられていて、ドラマに出ている側としてすごくうれしかったし、音楽家としてもすごくうれしかったです。だから早く聴いてほしいし、物語の中でかかるタイミングを塚原さんがものすごく考えて音楽をかけるので、それを体験していただきたいです。

綾野:最初に聴いたとき、伊吹と志摩が動いていることをここまで想像してくれる主題歌ってもうこれ以上存在しない。彼は俗に言う天才ですが、たぶんその感覚すらない。1話と2話の台本を読んだって連絡が来たときに、「めちゃくちゃ面白かった。最高の曲を頑張って書くよ」って言ってくれたんですけど、志摩と伊吹が動いている風にしか思えない。映像の中で流れて完成している。しょっちゅう聴いていますが、しびれます。米津玄師という音楽家が作る傑作だと思っています。めっちゃいいですよ。それだけを楽しみにドラマ見てもらったっていいんですよ。そのときにはドラマの良さも伝わっていくと思うので。

――最後に楽しみにしている視聴者にメッセージをお願いします。

星野:本当に楽しんで僕らは作っていて、いわゆるコメディのような要素もあるし、でもものすごくシリアスな社会問題も含んでいるし、いろんな要素が混ざっていて、かつ2人のバディの面白さ、そういうもので物語を引っ張りつつ、こんな物語の運び方があるのかと驚くようなアイデアが毎回詰め込まれているドラマだと思うので、1回目から最低でも3回目までは見てほしい。3話目まで見たときにもっと深まるのかっていうのが体験できると思うので、ぜひ見ていただきたいです。

綾野:「たまに重なり合うような僕ら~」(星野源の「うちで踊ろう」)いい歌ですよね! 視聴者の方には、みんな待たせてごめんね、待っててくれてありがとう、愛ですね。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ