元AKB秋元才加と結婚した「PUNPEE」って誰?『水ダウ』テーマ曲も

女子SPA!

2020/6/26 08:46

 6月22日、元AKBの秋元才加さん(31)が、ヒップホップアーティストのPUNPEEさん(36)と結婚したことを発表しました。

秋元さんの結婚相手、PUNPEEさんは東京都板橋区出身。七三分けに黒縁メガネという、一般に想像するようなラッパーらしからぬ、“ごく普通のお兄さん”的な格好が逆に特徴的です。

自らを「断れない性格」と表現するPUNPEEさんは、これまでにもいろいろな活動をしており、ラッパー、プロデューサー、DJなど様々な顔を持っています。

名前の由来は「一般人=パンピー」から。名前の由来とは裏腹に多くの人たちが「天才」と呼ぶPUNPEEさん。彼が天才と言われる理由はどこにあるのでしょうか。

◆天才兄弟と呼ばれる

ソロとしても活躍しているPUNPEEさんですが、2007年に同級生のGAPPERさん、弟の5lackさんとヒップホップユニットPSGを結成します。5lackさんは、自由で適当なスタイルから「孤高の天才ラッパー」と呼ばれ、『東京』がdocomoのオリンピック特別CMに起用されたことでも話題になりました。

PUNPEEさんがパーソナリティを務めていたラジオ番組『SOFA KING FRIDAY』(J-WAVE)では、5lackさんが数回に渡ってゲストで出演しています。5lackさんのアルバム『KESHIKI』では、ほぼリリックを書かずにその場のノリでレコーディングに臨んだエピソードを披露。才能の高さを見せました。

◆『水曜日のダウンタウン』テーマ曲も手がける

世界各国で吹き替えがされているレッドブルのCM「ナポレオン編」(2014年)では、日本代表として吹き替えでラップを担当。「かっこいいラップ」というオーダー通りの楽曲を制作すると「誰がラップしているのか?」と話題になりました。

また、じつは『水曜日のダウンタウン』(TBS系)のオープニングテーマ、ジングルを手掛けているのも彼。番組のスペシャルや特番の際には、オープニングのリリックを変えるという凝ったものとなっています。

◆音楽界の大物たちとコラボ

宇多田ヒカルさんの大ファンだと公言しているPUNPEEさん。2014年に『宇多田ヒカルのうた』というネット特番に出演します。それがきっかけで宇多田さんの楽曲をリミックスした『光(Ray of hope MIX)』を2017年に全世界配信すると、全米のiTunes Store総合ページで日本人アーティスト最高位である2位にランクインしました。

さらにプレイステーション用ゲームソフト「Kingdom Hearts HD 2.8」全世界共通のオフィシャルテーマソングとしても起用されています。

星野源さんの、2019年にリリースされた『さらしもの(feat.PUNPEE)』に参加。MVにも出演しています。星野さんが「友だちと楽曲を作りたい」ということからPUNPEEさんに声をかけたそうです。

「お互いのAppleMusicのプレイリストを交換して、インスピレーションを刺激し合った」「リリックは2人で書いていった」と、『さらしもの』のメイキング映像でPUNPEEさんが語っています。

さらに、星野さんが出演している番組『おげんさんといっしょ』(NHK)にも出演。宇多田さん、星野さんの他にも加山雄三さん、後藤正文さん(ASIAN KUNG-FU GENERATION)、などジャンルを問わず数多くのアーティストとコラボしています。

これらの活動は、幅広い層にヒップホップを認知させる一助になっているのではないでしょうか。

◆ヒップホップ界からの評価は?

RHYMESTERの宇多丸さんは、『ウィークエンドシャッフル』(TBSラジオ)内で、「歌が上手い人」としてPUNPEEさんをあげています。さらに「トップクラス。ものすげぇ上手い」、「ジェラシーっすよね」と大絶賛。先輩をも嫉妬させるほどの実力者です。

15年来の知人だというラッパーのダースレイダーさんに聞いてみたところ、PUNPEEさんを「センスの塊」と表現します。

「彼は好きなことを表現できる稀有な才能の持ち主ですね。最初の出会いはMCバトルで僕がボロ負け。その後、僕のアルバム『俺ガレージORGANIZATION』の曲に誘って参加してもらったのが彼の初の全国流通作品になりました。ゾンビの歌です。去年、僕が倒れて集中治療室に入ったときは心配してすぐ連絡くれたり、とてもナイスな人です」

7月1日には新作EP『The Sofakingdom』が配信リリースされます。ヒップホップに馴染みがない人も、PUNPEEさんの才能に触れてみてはいかがでしょうか。

<文/ちよまる子>

当記事は女子SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ